お客様インタビュー

急な情報配信もLinyで簡単設計!リッチメニューの充実で届けたい情報を分かりやすく提供出来る

滋賀県総合企画部情報政策課ICT企画課の長井啓輔さま
滋賀県ロゴ

滋賀県庁
総合企画部 情報政策課ICT企画課/長井啓輔 様

滋賀県庁

滋賀県の行政機関「滋賀県庁」では、Linyを利用してLINEで情報配信を行なっています。即時配信が必要な情報をLINEの配信やリッチメニューで素早く届けたり、ユーザーの属性を収集して、属性ごとに最適な情報を配信したりしています。また、自動応答とクイズを繋げて、ユニークな設定も!
今回はLinyの企画・設計を行なっている、滋賀県総合企画部の情報政策課ICT企画課の長井啓輔さんにお話を伺いました。

課題

  • 知りたい情報に簡単にアクセスできない
  • 年代や属性に関係なくメッセージを配信してしまう

Linyが解決

  • ユーザー属性を取得して、必要な人に必要な情報を届ける
  • 急な情報配信が必要な場合も、Linyで簡単に設計・配信が可能に
  • 自動応答とクイズの配信など、隠しメニューも多様に設定できる

リッチメニューから自分の取得したい情報にだけアクセスできるのがLINEの特徴

Liny導入のきっかけ

長井さんはどのような部署でどういった業務をご担当されていますか?

ICTの活用を推進していく部署で、例えば、AIを使ったシステムの導入やWeb会議の導入などのICTの活用の検討や推進、また、県庁内のセキュリティの推進や研修を担当しています。

ICT活用の部署にいらっしゃる中で、LINEを導入されたきっかけを教えてください。

もともと、「しらしが」と呼ばれる、滋賀県の防災情報などをLINEで配信しているシステムの運用をしていました。 その延長で、LINE公式アカウントを利用して情報配信が出来ないかと検討していた際に、LINE社さんから「様々な分野で協定を結べないか?」と提携の話をいただきました。 その一環で、LINE公式アカウントを新たに開設することにしました。

Linyはどういう経緯で導入に至ったのでしょうか?

LINE社から、LINE公式アカウントを運用する連携ツールとしてLinyをご紹介いただいたことがきっかけになります。 Linyを用いると、リッチメニューの充実であったりとか、セグメントに応じた配信が更に充実したものにできると伺いました。

LINE社さんからLinyのご紹介があったのですね。ちなみに、他にもSNSツールなどがあるなかで、LINEに落ち着いた理由はなんだったのでしょうか?

特に若者の方を中心に、情報の取得手段がSNS中心になってきているという背景があります。 滋賀県ではTwitterやFacebookなどは既に運用していましたが、LINEは若い方を中心に、ほとんどの方が活用しているということで、LINEを使って何かできないかを考えました。

他のツールやSNSと比べて、LINEの特徴はどのようなところだとお考えでしょうか?

トーク画面でコミュニケーションが取れるところだと思っています。 あとは、LINEの元々の機能で、視覚的にわかりやすいリッチメニューが非常に気に入っています。 そこから自分の取得したい情報にだけアクセスできるというのはやはりLINEの特徴ですね。

滋賀県LINE公式アカウントについて

運用されている「滋賀県」LINE公式アカウントでは、どういう情報配信をされているのでしょうか?

基本的には滋賀県の県政情報を配信していくアカウントとなっておりまして、LINE上で様々な情報が見れるようにしています。 一つの機能としては、知事へ手紙が送れるというものがあります。ユーザーさんがLINE上で知事に対して、県政の提案であったりとか、ご意見を送れる仕組みになっています。またその内容に対して、LINE上でこちらも返信をしています。

LINE内で知事への意見を送ることができる
  • リッチメニューの「知事への手紙」をタップすると、メッセージの送信ができる

また、滋賀県のホームページへのリンクであったりとか、お知らせしたい情報を届けるために、ユーザーさんにとってわかりやすいインターフェースを意識して設計しています。 最近でいうと新型コロナウイルスが流行っていますので、そちらの情報配信を「リッチメニュー」に実装して、わかりやすい形で情報を届けられるようにしました。

新型コロナウイルス関連情報のリッチメニューが表示される
ユーザーがメニュー上部のタブをタップするとメニューが切り替わり、様々なコンテンツに触れることができる
Linyのリッチメニュー機能を利用すると、複数のリッチメニューをタップによって切り替えできる。

Linyの機能について

滋賀県のLINE公式アカウントを拝見したところ、色々な仕組みが提供されていて、Linyを作り込まれている印象を持ちました。便利だと思われた機能はありますか?

ユーザーの属性情報に応じた配信が非常に便利だなと思っています。 まず滋賀県のLINE公式アカウントを友だち登録してもらったら、年代の選別であったりとか、住んでいる地域の選択をしてもらうようにしています。 配信する情報によっては、ご高齢の方にしか必要ではない情報であったりとか、その地域の人に対して送りたいという情報ももちろんありますので、配信したい人だけに配信できるという「タグ付け」の機能は非常に便利だと思っています。

LINEで友だち追加すると最初にアンケートが配信される
LINEで友だち追加すると最初にアンケートが配信される

Linyの友だちについて

取得されたユーザーの属性はどのようになっていますか?

今現在でいうと、40-50代ぐらいの方が非常に多くご登録いただいている現状です。

アカウントの友だち数が4500人ほど(インタビュー時)いらっしゃるかと思うのですが、どのようにLINE公式アカウントの開設を案内されていますか?

滋賀県公式ホームページや滋賀県公式TwitterやFacebook、「しらしが」のメールやLINEサービスを活用し、LINE公式アカウント開設のご案内を出させていただきました。今後は広報誌への掲載なども検討しています。

情報を配信したい時にすぐに設計できるのがLinyの強み

Linyの使い心地について

実際にLinyを利用されていて、使い心地はいかがでしょうか?

マニュアルを見なくても、直感で操作できるのが、便利だと思います。 例えば、新型コロナウイルスのメニューに関しても、作成は2時間ぐらいでできましたし、情報を配信したい時に、すぐに設計できるというのが、Linyの強みだと思っています。 導入から一週間ほど使ってみて、大体の機能は把握できました。細かいところはこれからなんですが、運用の担当者と一緒に把握していければと思っています。

想像していなかったLINEの利用のされ方

導入して予想していなかった効果や反応はありますか?

自分としては、公式アカウントを登録すると、情報が受け取れたり、リッチメニューが見れたりするだけだと思ってましたが、運用し始めると結構ユーザーの方はトークで文字を打ち込んで来られるんですよね。 どういう情報を打ち込んでこられるかというと、「琵琶湖」であったりとか。非常に試されている感があって、「あぁ、こういうのに自動応答をいれておいたらいいのか!」という参考になったりしましたね。 あとは、コロナウイルスの情報を送った時は「ありがとう」というメッセージであったりとか、スタンプがいっぱい送られてきたりもしました。履歴を見てみると、みなさまメッセージやスタンプで反応をくださるのだと感じました。

先ほど、LINEのほうを利用していたのですが、友だちが「こんにちは」と入力すると、「こんにちは!」と返ってくるんですね。

まだ少ないんですけど、100前後ぐらいのキーワードに対して「自動応答」を設定しております。 「琵琶湖」と入力していただくと、自動応答が反応しますよ。色々と試してください。例えば、「京都」とか(笑)。

様々なキーワードを設定されているんですね!面白いです。今、「琵琶湖」と入力してみたのですが、クイズなども出てきて、琵琶湖についての知識が深まりそうです。

「琵琶湖」という隠しコマンドで自動応答が組まれている。琵琶湖クイズに挑戦することもできる
琵琶湖と入力すると、カルーセルで複数のメニューが表示され、その中の一つに「クイズにチャレンジ」もある

Linyの運用について

運用面はどなたがご担当されていますか?

基本的には私が一人で設計を担当しています。情報配信の部分は広報課が所管していますので、私がリッチメニューの構成や情報配信時の設計を担当していて、相談しながら作っていっています。 視覚的にもわかりやすいツールなので、設計などは一人でも問題なく出来ると思います。

個別返信もされるのですか?

個別の返信はルール上、今の所はしていません。基本は自動応答のみですが、知事へのお手紙の返信など、決まったルールがあるものに関しては、個別でのご対応をしています。

Linyの今後の活用方法

Linyを使って「今後こんなことをしていきたい」というのはありますか?

行政の手続きの電子化を目標にも掲げてますので、行政サービスの手続きがLINEだけで完結できたらいいなと思っています。 あとは、滋賀県の公式アカウントが出来たときに、庁内でも掲載したところ、「こういう情報を配信できないか?」という相談も何件か寄せられたんです。 今後は、例えばイベント情報の充実であったり、おすすめのサイトなどを充実させたり、「こういう情報を配信したい!」という相談があれば一緒に設計をして、アカウントの更なる充実を図っていきたいと思っています。

Linyの3つのポイント

ユーザーの属性を簡単に取得できる
年代やお住まいなど、配信に必要な情報を回答フォームで取得。 取得した情報を自動で「タグ付け」し、情報配信時にタグで絞り込みが可能
タグについて
リッチメニューを充実させられる
タップするとリッチメニューが切り替わり、必要な情報に容易にアクセスできる。急な配信も、リッチメニューを変更してわかりやすく情報提供可能
リッチメニューについて
自動応答で楽しめるコンテンツ提供
自動応答を事前に設定し、ユーザーが楽しめるコンテンツを提供 自動応答と配信コンテンツを繋げてクイズも作れる
自動応答について

その他のインタビュー

Linyを活用してビジネスの課題を解決した事例をご紹介!

インタビュートップへ戻る

導入実績

\導入実績3500社突破/
30を超える都府県市町村と多くの企業様に導入いただいております

今すぐ問い合わせる

Linyを使ってビジネスの課題を解決しませんか?

Linyを使った集客・販促・顧客管理についてお気軽にご相談ください。