LINE公式アカウント

【2024年】郵便料金の値上げ対策!LINEでコスト削減と業務効率化へ

2024年6月13日

【2024年】郵便料金の値上げ対策!LINEでコスト削減と業務効率化へ

【2024年】郵便料金の値上げ対策!LINEでコスト削減と業務効率化へ

2024年10月1日手紙やはがきなどの郵便料金が値上げされます。

料金は「手紙(25g以下)は84円から110円」「手紙(50g以下)は94円から110円」「はがきは63円から85円」になります。

郵便料金が値上げになることで、コスト削減などの対策が必要になる企業もあります。LINEのマーケティングツール「Liny」を運用している当社にも、「郵便料金の値上げ対策として、はがきや資料の送付をLINE配信に切り替えたい」という相談が寄せられています。

この記事では、郵便料金の値上げ対策としてLINEを使用するメリットや、LINEの活用法についてご紹介します。郵送物をLINE化した場合の利用イメージを掴んでください。

「郵便物」を「LINE配信」に切り替える3つのメリット

郵送の代替手段として、「メールで送付する」「SNSを利用する」などの選択肢がありますが、「LINEの活用」も選択肢の1つです。

企業・店舗でLINEを使う場合は、「LINE公式アカウント」というサービスを利用することになります。LINE公式アカウントを開設し、友だち追加をしてもらうことで、ユーザーのLINEにメッセージを配信できます。

LINE公式アカウントの利用には、以下のようなメリットがあります。

  1. 無料で使える
  2. 利用数No.1のSNSで利便性が高い
  3. 開封される速度が早い

詳しく見ていきましょう。

1. LINE公式アカウントは無料で使える

まずは料金面のメリットです。

LINE公式アカウントの料金プランには無料プランがあります。一部の例外はありますが、どのプランでも基本的には同じ機能が利用できます。プランの主な違いは「送信できるメッセージ通数」です。

この図をご覧ください。1ヶ月に「200通」までのメッセージ送付であれば、無料の「コミュニケーションプラン」が利用できます。それ以上送信したい場合は、有料プランを利用することになります。

有料プランの場合、月額料金をメッセージ通数で割れば、1通あたりの金額が出てきます。有料プランを利用する場合でも、郵便料金よりはコストをかけずに送付することができるでしょう。

【補足】「3吹き出しまでを1通」として送付できるので、1通に含める情報量を確保できます。

3吹き出しまでを1通としてカウント

3吹き出しまでを1通としてカウントする

料金についての詳細は、以下の記事を参照ください。

2. LINE公式アカウントは利用数No.1のSNSで利便性が高い

総務省の「令和2年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、「LINE」は、すべての年代で利用率が最も高いSNSで、10代から40代までの利用率は90%を超えています。

郵送物を電子化して送付する際に、「LINE」を利用することは、多くの方にとって利便性の良い方法であると言えます。

3. LINEのメッセージは開封される速度が早い

LINEではメッセージを受信した際に、プッシュ通知が行われて未読バッチもつくため、開封までのスピードが早いという特徴があります。

ユーザーはメッセージに気付きやすいため、すぐに読んで欲しい情報を届けるのにも適しています。

例えば、「今日すぐに使えるクーポン」の配信をしたい場合、メッセージを即座に作成して送付できるので、機会損失を防ぐことが可能です。

LINE公式アカウントの活用方法【4選】

郵送物をLINE化する際に知っておきたい、LINE公式アカウントの活用方法をご紹介します。

  1. 多様なコンテンツの作成 & 送付
  2. 1:1のチャットで予約や申し込みに対応
  3. 資料を電子化してスピーディーに送付
  4. キャンペーンの応募管理

順番に紹介していきます。

1. 多様なコンテンツの作成 & 送付

LINE公式アカウントは、「テキスト」だけではなく、「画像」や「動画」などをはじめとした、バリエーション豊かなコンテンツの作成・送付機能があります。これらを活用することで、メッセージ配信やクーポンの送付が容易に行えます。

例えば、「クーポン機能」を利用すれば、LINE公式アカウントの機能でデジタルクーポンを作成して配布できます。紙のクーポンを作成して印刷するような手間はかかりません。画像さえ用意すれば、簡単にクーポンが作れるので、コスト削減と業務効率アップにつながります。

クーポンの例

クーポンの例

参考:LINE公式の「クーポン/抽選」とは?

クーポン機能以外にも、以下のようなメッセージの種類が利用可能です。

はがきや手紙では送付できない情報も、LINEを利用することでユーザーに届けられるようになります。

2. 1:1のチャットで予約や申し込みに対応

LINE公式アカウントでは、ひとりひとりとチャットが可能です。

例えば、新サービスの案内をLINEで送付した後に、ユーザーからチャットをしてもらい、予約や申し込みにつなげていくことができます。チャットの内容は他の友だちからは見えないため、安心してやり取りを進められます。

また、チャットの回数はメッセージ通数としてカウントされないため、料金を気にする必要はありません。

参考:LINE公式アカウントのチャット(1:1トーク)の使い方と注意点

3. 資料を電子化してスピーディーに送付

LINE公式アカウントであれば、資料を電子化して送付することも可能です。

企業によっては、「サービス案内」「申込書」「会社案内」など、さまざまな資料を郵送で対応しているケースがあるでしょう。これらの資料送付をLINEで行うことで、郵送の手間も料金も削減することができます。

また、郵送の時間がかからず、すぐに資料を受け取れ、いつでもLINE上で閲覧できるのは、ユーザーにとってもメリットがあります。

資料をPDFにしてLINEで送付する具体的な方法は、以下の記事で紹介しています。

4. キャンペーンの応募管理

少し応用的な使い方として、各種キャンペーンの応募受付をLINEで実施することも可能です。

例えば、「対象商品を購入し、応募用紙に応募券を貼って応募する」という仕組みを「LINEでレシート画像を送付して応募する」というやり方に変更します。そうすると、企業はキャンペーンの準備や応募管理のコスト削減になり、ユーザーにとっても郵送の手間やコスト削減になります。

他にも、LINEはさまざまなキャンペーンで活用できます。以下の記事で紹介しているのでご覧ください。

まとめ - 郵便料金の値上げ対策はLINE化がおすすめ

2024年10月に予定されている郵便料金の値上げ。郵送を頻繁に利用している場合は、費用が上がるため、対策を検討されている企業や店舗も多いでしょう。

ここまで、値上げ対策としてのLINE活用法をご紹介してきました。LINEを利用することで、「コストの削減」「業務効率の向上」「ユーザーの利便性の向上」「多様なコンテンツの配信」など、多くのメリットがあります。

ぜひこの機会に、LINE公式アカウントの活用を検討してみてください。また、LINE公式アカウントだけでは、細やかなセグメント配信や、顧客管理の課題が出てくる場合には、LINE公式アカウントのマーケティングツールである、当社のLinyの併用もご検討ください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、LINE公式アカウントの機能拡張ツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

Linyの導入事例はこちら

Liny e-Bookダウンロード

-LINE公式アカウント

  • この記事を書いた人

鈴木優

LINE運用アドバイザー・Webディレクター・ライター。 【LINE公式アカウントBasic認定資格】保持。 LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。当ブログで情報発信もしています。

みんなが注目

【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2022年版- 1
【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2023年版-

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 【無料オンラインセミナー】 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2
リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法を丁寧にお伝えします。この記事を読んで、リッチメニューの疑問を解消して下さい。 リッチメニューをうまく活用して、LINE公式 ...

LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介 3
【入門編】LINE公式アカウントとは?できること・仕組み・料金

LINE公式アカウントとは、企業や店舗が利用するビジネス用のLINEアカウント。友だちになったユーザーにメッセージやクーポンを配信することで、集客や販促につなげることができます。 この記事では、LIN ...