LINE公式アカウント使い方

LINE公式アカウントのカードタイプメッセージとは?料金や設定方法も解説

2021年4月12日

カードタイプメッセージアイキャッチ

LINE公式アカウントには、「カードタイプメッセージ」を送信できる機能があります。

この記事では、「カードタイプメッセージ」とはどんなメッセージなのか、送信すると料金はいくらかかるのか、どのように設定するのか、などをご紹介していきます。

カードタイプメッセージとは?

「カードタイプメッセージ」とは、カルーセル形式(*)で、複数のカード型のメッセージを配信することができるコンテンツです。

*複数の画像などのコンテンツを並べ、左右にスワイプして表示させる形式

以下が実際のカードタイプメッセージの例です(LINE公式アカウントから引用)

1つの吹き出しで、最大9つのカードを並べることが出来ます。9つのカードを並べても、1吹き出し分の料金しかかかりません。

メッセージのカウント方法は、以下の記事を参考にしてください。

4種類のカードタイプと活用方法

「カード型のメッセージ」は、4つの種類が用意されています。

4つのカードタイプ

それぞれの特徴や活用方法をご紹介していきます。

プロダクト

プロダクトは、「商品」を紹介するのに適したカードタイプです。

プロダクト

  • ラベル(画像左上に表示されるテキスト)
  • 画像
  • カードのタイトル
  • 説明文
  • 価格
  • アクション(*)

を設定することが出来ます。

(*)「アクション」では、タップした場合の動作の種類を設定します。

アクションの種類は、

  • URL:設定したURLに遷移する
  • クーポン:クーポンを確認できる
  • ショップカード:ショップカードを確認できる
  • リサーチ:投票やアンケートに遷移する
  • テキスト:友だちがテキストを送信したように表示できる(応答メッセージと組み合わせて利用可能)

から選べます。

例えば、

  • 「友だち追加時」に、おすすめ商品を紹介する
  • 今月の新メニューを紹介する
  • セール品を紹介する

などに活用されると良いでしょう。

ロケーション

ロケーションは、「場所」を伝えたい時に使えます。

ロケーション

  • ラベル
  • 写真
  • カードのタイトル
  • 住所
  • 追加情報(時間、もしくは、価格)
  • アクション

を設定できます。

  • 来店の予約をした友だちに、「店舗の場所」を案内する
  • イベント申込時に「イベント会場」を送信する
  • おすすめの物件情報を紹介する

などに活用できます。

パーソン

パーソンは、人物紹介用のカードタイプです。

パーソン

  • ラベル
  • 写真(丸型に表示される)
  • 名前
  • 説明文
  • アクション

を設定できます。

  • 友だち追加時に「スタッフ紹介」を送付する
  • バイトの募集時に「一緒に働く仲間」を紹介する
  • 採用で運用している場合、「先輩の声」を紹介する

などの活用方法があります。

イメージ

画像を送信するのに適したタイプです。

イメージ

  • ラベル
  • 写真
  • アクション

を設定することが出来ます。

画像のみを紹介するシンプルなタイプなので、カタログのようにアイテムを紹介したい場合などに用いると良いでしょう。

カードタイプメッセージの設定方法

カードタイプメッセージの設定方法をご紹介します。例として「プロダクト」のカードタイプメッセージを設定してきましょう。

まず、LINE公式アカウントの管理画面にログインします。

カードタイプメッセージの作成

サイドメニューの、「メッセージアイテム」>「カードタイプメッセージ」を選択し、右上の「作成」をクリックします。

カードタイプメッセージ作成

タイトルを入力し、カード設定の「選択」をクリックします。

タイトルカード設定入力

カードタイプを選択します。今回は「プロダクト」を選びます。

カードタイプ選択

以下の画面が表示されます。ここでカードを設定していきます。左側が設定内容のプレビューとなっています。

まず「ラベル」を設定します。ラベルは任意です。今回は「ヘッドスパ」と入力てみましょう。プレビューの写真左上に「ラベル」が表示されました。

ラベル

次に写真です。写真は1〜3まで設定できます。例えば、3を選ぶと、以下のようなレイアウトで写真が3枚表示されます。

写真

今回は1枚の写真を設定しました。

次に、画像の下に表示される文章の設定です。

「カードのタイトル」は必須となります。「説明文」と「価格」は任意項目です。今回は、3つとも記載しました。

内容の設定

次に、「アクション」を追加します。アクションは任意項目です。

アクションは友だちがタップすることで発動します。そのため、タップする場所に表示されるテキストを入力する必要があります。ここでは「詳細を見る」とします。

次に、アクションのタイプを選択します。今回は、自社のHPに遷移させるためURLを選択します。

アクション

アクションは2つまで設定できます。

アクション

これで、カード1つ分の設定が完了です。

カードを追加する

カードメッセージは複数のカードを設定することが出来ます。追加のカードを設定する場合は、右上の「追加」をクリックします。

そうすると、左上にタブが表示され、新規のカードの設定画面が表示されます。先ほどと同様にカードの枚数分、設定をしていきます。

カードの追加

カードは「9つ」まで設定ができますが、全て同じカードタイプになります。

もっと見るカードを追加する

紹介したいアイテムなどが多い場合は、「もっと見るカード」をカードタイプメッセージの最後に表示させることが出来ます。

友だちが「もっと見るカード」をクリックすると、設定したリンク先に遷移します。

使用する場合は「もっと見るカードを使用」にチェックを入れます。

もっと見るカード

テンプレートは、

  • シンプル(「もっと見る」というテキスト表示のみ)
  • 写真

の2つから選択できます。

もっと見るカードのテンプレートこちらもテンプレートとアクションを設定すれば完成です。

これで全ての設定が出来ました!

最後に、「保存」を押せば、カードタイプメッセージの完成です。

カードタイプメッセージの配信方法

作成したカードタイプメッセージを配信してみましょう。

サイドメニューから「メッセージ配信」>「メッセージを作成」を選択して、「作成」をクリックします。

メッセージ配信

メッセージの設定画面で、「カードタイプメッセージ」が選択できます。カードタイプメッセージの配信

配信したいカードタイプメッセージを選び、「配信」をクリックすれば、カードタイプメッセージが配信できます。

まとめ

カードタイプメッセージは、カード型のメッセージを複数並べて配信出来る機能です。

最大9つのコンテンツを1吹き出しとして送信でき、料金的なメリットもある、使い勝手が良いメッセージです。

商品の紹介、スタッフの紹介などに是非ご活用ください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントとは ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

3

この記事では、日常的に利用されているコミュニケーションツールの「LINEアプリ」の使い方から、ビジネス用途の「LINE公式アカウント(旧LINE@)」の活用事例までご紹介していきます。 公式アカウント ...

-LINE公式アカウント使い方
-, ,

© 2021 Liny LINE活用ブログ Powered by AFFINGER5