LINE公式アカウント

LINE公式アカウントで画像を送る3つの方法!ポイントも解説

2023年12月27日

LINE公式アカウントで画像を送る3つの方法!ポイントも解説

LINE公式アカウントで画像を送る3つの方法!ポイントも解説

LINE公式アカウントでは、画像を送信する複数の方法があります。この記事では、画像を送る3つの方法と、送信時のポイントをまとめてご紹介します。

LINE公式アカウントで画像を送る3つの方法とポイント

LINE公式アカウントでは、主に3つの方法で画像の送信が可能です。

  1. 画像のみを送る
  2. 画像にリンクを設定して送る【リッチメッセージ】
  3. 画像とボタンを組み合わせて送る【カードタイプメッセージ】

順番にご紹介していきます。

1. 画像のみを送る

画像のみを送る方法です。この場合、【メッセージ配信】機能で【写真】を選択して送付します。

写真を共有したい場合や、拡大して表示させたい画像を送付する際に利用されるケースが多いです。

メッセージを作成で、「写真」を選択して画像をアップロードする

メッセージを作成で、「写真」を選択して画像をアップロードする

この方法で画像を送付する場合のポイントは、以下です。

  • 上記の「プレビュー」で表示されているように、トーク画面の幅2/3ほどに表示される。
  • 画像をタップして拡大することができる。
  • ユーザーは送られてきた画像を保存したり、転送することが可能。
  • 画像のファイル形式は、JPG、JPEG、PNG。
  • 画像サイズに制限はない。
  • ファイルサイズは、10MB以下。

2. 画像にリンクを設定して送る【リッチメッセージ】

画像をタップした際、Webページに遷移させたい場合は、【リッチメッセージ】機能を使います。

リッチメッセージは画像をタップすることで、「設定したURLに遷移させる」「クーポンが開く」などの設定が出来る機能です。

作り込んだバナーを使用し、リンクを設定する場合に、用いられることが多いです。

リッチメッセージで画像を送付

リッチメッセージの作成例

リッチメッセージの設定ポイントは以下です。

  • タイトルは、プッシュ通知とチャットリストに表示されるため、目を引く文言を設定する。
  • アクションラベルとは、音声読み上げ機能に使われるテキスト。例えば、Webページを開く場合は「Webページを開く」などを設定する。
  • ファイルサイズは、10MB以下。
  • 画像サイズは、幅1040px × 高さ1040px。カスタムタイプの場合は幅1040px × 高さ520~2080px。

リッチメッセージを作成した後、【メッセージ配信】機能で【リッチメッセージ】を選択し、送信する必要があります。

リッチメッセージを送信する方法

メッセージ配信で、事前に作成した「リッチメッセージ」を選択して送信する

この方法で送付する場合のポイントは、以下です。

  • 上記の「プレビュー」で表示されているように、トーク画面の幅いっぱいに表示される。
  • 画像をタップすると、設定したアクション(URLへの遷移など)が行われる。
  • 画像は保存したり、転送することはできない。

参考:LINE公式アカウントのリッチメッセージの作り方と活用方法

3. 画像とボタンを組み合わせて送る【カードタイプメッセージ】

画像とボタンを組み合わせたり、タップしてWebページに遷移させたい場合は、【カードタイプメッセージ】を使います。

【カードタイプメッセージ】機能では、画像とボタンを組み合わせたり、URLの設定などができます。さらに、カルーセル形式(*)で、複数のカード型のメッセージを配信することも可能です。

バナー画像を作り込まなくても、写真があれば簡単に画像コンテンツを作ることができるのが特徴です。

*複数の画像などのコンテンツを並べ、左右にスワイプして表示させる形式

カードタイプメッセージの例

カードタイプメッセージの例

カードタイプメッセージには、いくつかのテンプレートがあります。例えば、シンプルな「イメージ」タイプを選択すると、画像にラベルやアクションを付与したコンテンツを作成できます。

かーぢタイプメッセージの作成例

カードタイプメッセージの作成例

カードタイプメッセージの設定ポイントは以下です。

  • タイトルは、プッシュ通知とチャットリストに表示されるため、目を引く文言を設定する。
  • カードタイプのテンプレートは4種類から選択できる。
  • タップ時の設定では、「URLに遷移」「クーポンに遷移」などの設定が可能。
  • ファイル形式は、JPG、JPEG、PNG。
  • ファイルサイズは10MB以下。
  • 「プロダクト」タイプの推奨比率は、1.54:1(例:770px × 500px)。
  • 「ロケーション」タイプの推奨比率は、1.54:1(例:770px × 500px)。
  • 「パーソン」タイプの推奨比率はなし(アップロード後に切り取り可能)。
  • 「プロダクト」タイプの推奨比率は、1.11:1(例:555px × 500px)。

カードタイプメッセージも作成した後、【メッセージ配信】で【カードタイプメッセージ】を選択し、送信する必要があります。

カードタイプメッセージを送信する方法

カードタイプメッセージを送信する方法

この方法で送付する場合のポイントは以下です。

  • テキストを追加できるため、タップを促すことが容易。
  • 画像をタップすると、設定したアクション(URLへの遷移など)が行われる。
  • 画像は保存したり、転送することはできない。

参考:LINE公式アカウントのカードタイプメッセージ(カルーセル形式)とは?料金や設定方法も解説

まとめ

画像を送信する方法は、「写真として送付する」「リッチメッセージとして送信する」「カードタイプメッセージとして送信する」の3つがあります。

コンテンツに適した方法を選択しましょう!

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、全国34都道府県自治体や省庁、教育機関や士業・金融・自動車業界などに幅広く導入いただいている、 LINEをより活用するための機能拡張ツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

Linyの導入事例はこちら

Liny e-Bookダウンロード

-LINE公式アカウント
-,

  • この記事を書いた人

鈴木優

LINE運用アドバイザー・Webディレクター・ライター。 【LINE公式アカウントBasic認定資格】保持。 LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。当ブログで情報発信もしています。

みんなが注目

【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2022年版- 1
【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2023年版-

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 【無料オンラインセミナー】 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2
リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介 3
【入門編】LINE公式アカウントとは?仕組み・料金・使い方

「LINE公式アカウント」とは、企業や店舗用のLINEアカウントです。友だちになったユーザーへ、メッセージやクーポンを配信し、コミュニケーションを円滑に取るためのサービスです。 この記事では、LINE ...