LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント基礎知識 LINE公式アカウント運用ノウハウ

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで!

LINE公式アカウントリッチメニューの作り方

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。
また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。

今日からリッチメニューを設定して、LINE公式アカウントを効果的に運用していきましょう!

リッチメニューとは?

LINE公式アカウントには「リッチメニュー」という機能があります。
これは、LINE公式アカウントのトーク画面の最下部に固定表示される、メニュー画像の事です。

LINE公式アカウントシネマデモアカウント

画面最下部に固定されるため、メッセージの配信に埋もらせず、見てもらうことが出来る。

 

このメニューをタップすると、クーポンを送信したり、自社サイトに誘導することが出来ます。

リッチメニューの大切さ

リッチメニューは企業や店舗のLINE公式アカウントの言わば、「顔」です。
画面の大きな部分を占める画像なので目立ちやすく、クリック率やコンテンツへの誘導が期待できます。

LINE公式アカウントを活用する上で、このリッチメニューは欠かせないと言われています。

  • どんな文言・キャッチコピーにするのか
  • どんな画像やデザインにするのか
  • どんなアクションを設定するのか

をしっかりと考えて、設定することが重要です。

リッチメニューは期間によって出し分ける事が可能です。
もしも反応率が芳しくない、という場合には、新しいデザインに変更して
ABテストをするなどで、反応率が高いリッチメニューに改善していくことをオススメします。

 

どのプランで利用出来るの?

LINE公式アカウントには複数の種類や料金プランが用意されていますが、
どれであったとしても「リッチメニュー」機能を利用することが出来ます。

(補足)

以前は、LINE@(ラインアット)という名前で中小企業・店舗向けのLINEアカウントがありました。
LINE@の「フリープラン」の場合には、リッチメニューは利用できませんでしたが、
2019年4月にLINE公式アカウントに統合されてからは、
リッチメニューは全てのプランで利用できるようになっています。

 

リッチメニュー画像の作成方法

リッチメニュー画像を作成する方法をご紹介します。

1:画像の構成(要件)を決める

リッチメニューには、あらかじめいくつかのテンプレートとアクションが用意されています。
まずは、どのテンプレート・どのアクションを使うのかを決め、メニューのデザインを考えましょう。

テンプレートのサイズについて

「大」と「小」の2つのサイズがあります。
どちらも横幅は変わりませんが、小の縦幅は、大の半分になっています。

 

大のサイズ

  • 2,500px ✕ 1,686px
  • 1,200px ✕ 810px
  • 800px ✕ 540px

小のサイズ

  • 2,500px ✕ 843px
  • 1,200px ✕ 405px
  • 800px ✕ 270px

デザイナーに依頼される場合は、どのpxサイズのパターンで作りたいのかを伝えましょう。
ご自身で作成する場合には、サイズを意識しなくても簡単に作れる方法をご紹介します。

 

(補足)

「大」と「小」にはそれぞれ3つのpxサイズがありますが、これは解像度の違いです。
数字が大きいほど高解像度、つまりきれいに表示させることが出来ますが、
サイズが大きいとそれだけ読み込むのに時間がかかる可能性があります。

テンプレートの分割デザインについて

それぞれのサイズに対して、分割デザインが決まっています。
大には7パターン、小には5パターンあります。

LINE公式アカウントリッチメニュー デザイン一覧

引用元:https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20180731-01/

 

この中から、自分が作成したいテンプレートを選ぶことになります。

 

アクションについて

テンプレートで分割されているそれぞれの四角が一つのメニューとなっており、
各メニューごとに「アクション」を設定することが出来ます。

アクションというのはいわゆる機能です。どんなアクションの種類があるかというと、

  • リンク:ホームページへのリンクに遷移する
  • クーポン:LINEで作成したクーポンを確認出来る
  • テキスト:文字を送信出来る。自動応答などと組み合わせて利用する
  • ショップカード:LINEで作成したショップカードを確認出来る
  • 設定しない:タップしても何もおこらない

から、設定することが出来ます。

 

利用できるテンプレートとアクションを把握したら、
リッチメニューの要件をまとめて、構成を考えましょう。

LINE公式アカウントリッチメニュー 画像の構成例

リッチメニュー 画像の構成例

 

2:画像を作成する

いよいよ画像を作成する段階に来ました。
先ほど作成した構成に従って、魅力的な画像を作成する必要があります。

画像を作るには大きく

  1. 自分で作る
  2. プロに依頼する

という選択肢があります。

1. 自分で作る場合

デザインに詳しくない方でも、LINEのリッチメニューを簡単に作成する事ができます。

LINEの機能「イメージメーカー」で作成する

LINE Official Account Managerの機能(イメージメーカー)を利用して作成する方法をご紹介します。
ここでは、画像の作成に焦点を当ててご紹介します。
その他のリッチメニューの設定については、後ほどご紹介していきます。

 

LINEOfficial Account Managerにログインします。

LINE公式アカウント管理画面(LINE OFFICIAL ACCOUNT MANAGER)

ホームのサイドメニューから、リッチメニューを選択します。
LINE公式アカウントリッチメニュー 設定画面

「作成」をクリックします。

LINE公式アカウントリッチメニュー 画面

大きく、「表示設定」と「コンテンツ設定」が並んでいます。
「コンテンツ設定」に移動して、「テンプレートを選択」をクリックして下さい。

LINE公式アカウントリッチメニュー 表示設定

ここで、利用するテンプレートを選択します。

LINE公式アカウントリッチメニュー 選択

例:四分割のテンプレートを選択

 

「コンテンツ作成」のプレビュー画面に、選択したテンプレートと同様に
分割されたメニューが表示されます。「画像を作成」ボタンをクリックします。

LINE公式アカウント画像作成ボタン

ここから、イメージメーカーという機能を使って、画像の作成が始まります。
今回、四分割しているテンプレートを選んだため、4つ分の画像を設定していくことになります。


左の方に、プレビュー画面が表示されています。
色が濃くなっている方が、現在選択されている範囲です。
右側のキャンバスのほうで、画像を作成していきます。

LINE公式アカウントリッチメニューイメージメーカー 作成画面

画像を差し込みたい場合は、写真マークをクリックして、画像をアップロードします。
画像は必須ではありませんが、画像がある方が魅力的なリッチメニューになるので、
フリー素材などで画像を見つけましょう。

 

無料素材については、こちらの記事でも紹介しています。

・【決定版】好反応を叩き出す!リッチメニュー活用デザイン&作り方マニュアル

https://line-sm.com/blog/richmenu_design_manual/

LINE公式アカウントイメージメーカー手順

LINE公式アカウントイメージメーカー手順2

画像を追加する


テキストを入れる場合は、「T」のマークをクリックして、入力を行います。

LINE公式アカウントイメージメーカーテキスト挿入

枠線も付けてみましょう。右から2つ目のマークをクリックして設定します。

LINE公式アカウントイメージメーカー罫線追加

枠線を追加をクリック

LINE公式アカウントイメージメーカー枠線の追加

枠線の太さと場所を選ぶ

 

1つ目の画像が完成したら、左のプレビューから次のメニュー部分を選択して、
同様に設定していきます。

LINE公式アカウントイージーメーカー操作画面

次の画像も同様に設定していく

 

全ての画像が完成したら、画面右上の「適用」をクリックします。
リッチメニューを画像ファイルとして保存したい場合は「ファイルに保存」をクリックします。

コンテンツ設定のプレビュー画像に、作成した画像が設定されました。

LINE公式アカウントイージーメーカー操作完了画面

これで、イメージメーカーを利用した画像の作成が完了です。
その他のリッチメニューの設定は後ほどご紹介します。

2.プロに依頼する

社内にデザイナーがいる場合は、デザイナーに依頼をして効果的なクリエイティブ(画像)を
作ってもらうと良いでしょう。もしデザイナーが社内にいない場合は、
外部に依頼することも出来ます。

 

例えば、ココナラ(https://coconala.com/)やクラウドワークス(https://crowdworks.jp/)などの、
クラウドソーシングサイトを利用して発注することが可能です。
比較的安価に作成できる可能性があります。

また、弊社ソーシャルデータバンクのリッチメニュー作成代行サービスなどを利用して、
「リッチメニュー作成のプロ」に依頼することも出来ます。

リッチメニュー作成代行サービスのリンク
https://line-sm.com/richmenu_service/

 

LINE管理画面でリッチメニューを設定する

リッチメニューの画像が出来たら、LINE管理画面から各種設定を行います。

設定項目としては、

  • タイトル
  • 表示期間
  • メニューを最初から出しておくか/非表示にしておくか
  • テンプレートの選択
  • アクションの設定

などがあります。

設定の詳細については、以下の記事で詳しくご紹介していますので、ご覧下さい。

 

・【決定版】好反応を叩き出す!リッチメニュー活用デザイン&作り方マニュアル

https://line-sm.com/blog/richmenu_design_manual/

リッチメニューの事例とデザイン集

リッチメニューは、デザインの作り込みがクリック率にも影響してきます。
そのため、「どのようなデザインにすれば良いの?」と、悩まれる場合もあるでしょう。

そんなときは、企業が活用しているリッチメニューの事例を見ながら、
アイデアを収集し、自社にマッチするデザインを考えることも重要です。

以下のページでは、様々な企業のリッチメニューの事例を集めました。
是非チェックして下さい。

【保存版】LINE公式アカウントのリッチメニュー事例を集めました!

https://line-sm.com/blog/richmenu_catalog/

 

リッチメニューをもっと自由に使いたい

LINE公式アカウントの機能では、リッチメニューは1つしか表示させることが出来ません。

しかし、リッチメニューは公式アカウントの「顔」となる部分。
「もっと効果的にリッチメニューを活用できないか...」とお悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

弊社のLINE公式アカウントの拡張ツール「Liny」には、「セグメントリッチメニュー」という機能があります。
この機能は、リッチメニューをユーザーの属性ごとに出し分けて表示させることが出来るものです。

その人に合わせたコンテンツを表示することができたり、
複数のリッチメニューを組み合わせ、切り替えて表示させることも出来ます。

例えば、

  • LINE公式アカウントの友だちを「会員」「ゴールド会員」「非会員」に分けて、ユーザの属性ごとに、「会員メニュー」「ゴールド会員メニュー」「非会員メニュー」を出す。
  • リッチメニューの「期間限定セール」をタップすると、「期間限定セール情報のリッチメニュー」に切り替わる。

という使い方も出来ます。

Linyセグメントリッチメニュー

セグメントリッチメニュー機能は、Linyの中でも特にオススメの機能で、この機能を使うためにLinyをご利用になるユーザ様もいるほど。

ご興味が有りましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ソーシャルデータバンク

鈴木 優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント基礎知識, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ