Liny Liny活用テクニック

【リッチメニューを友だちに合わせて変更】Liny「セグメントリッチメニュー」のご紹介

2021年12月14日

友だちごとに切り替わる!Linyのセグメントリッチメニュー

「リッチメニュー」は、LINE公式アカウントの印象を決めたり、販売への導線になったり、友だちとのコミュニケーションきっかけを作るなど、大変重要な役割を果たします。

LINEのマーケティングツール「Liny」では、「セグメントリッチメニュー」機能で、さらにリッチメニューを有効活用できます。例えば、「友だちの興味・関心に応じてリッチメニューを出し分ける」「タップでリッチメニューの表示を切り替える」など、一つのアカウントで複数のリッチメニューを出し分けることができます。

この記事では、セグメントリッチメニューの紹介と、活用例などをご紹介します。

「Liny」とは、LINE公式アカウントで顧客管理や販促CRM、LINEステップメッセージやセグメント配信、自動応答、細かな管理ができるLINEのマーケティングツールです。

LINEのマーケティングツール「Liny」の詳細を確認する >>

Linyの「セグメントリッチメニュー」とは?

Linyのメイン機能の一つに、セグメントリッチメニューという機能があります。これは、タグや友だち情報、友だち追加場所などによって、リッチメニューを属性ごとに表示できる機能です。

ユーザーの属性に合わせたコンテンツを表示する以外にも、複数のリッチメニューを組み合わせて切り替えもできます。

LINE公式アカウント「リッチメニュー」との違い

LINE公式アカウントのリッチメニュー機能は、

  • すべての友だちに共通
  • デザインは、大7種類/小5種類のテンプレートから選択(画像参照)
  • タップ時のアクションは、「リンク」「クーポン」「ショップカード」「テキスト」から選択

となっています。

テンプレートの種類

LINE公式アカウントのリッチメニューのテンプレートの種類

LINE公式アカウントでマーケティングや販売促進の企画をしていると、以下のような要望が出てくることがあります。

  • ユーザーの属性に合わせてリッチメニューを出し分けたい
  • リッチメニューがタップされているかどうか知りたい
  • リッチメニューのデザイン(タップ場所)を自由に設定したい

これらはLINE公式アカウントだけでは実現することができませんが、LINEのマーケティングツール「Liny」を併用することで可能になります。

Liny「セグメントリッチメニュー」の特徴

Linyの提供するセグメントリッチメニューには、4つの特徴があります。

Liny セグメント リッチメニューの特徴

Linyセグメントリッチメニューには大きく分けて4つの特徴がある

特徴1:友だちの属性に応じたリッチメニューの出し分け

複数のリッチメニューを作成し、友だちの属性に合わせて、どのリッチメニューを表示させるのかを選択することができます。

例えば、「会員登録済みというタグがついている友だちには、会員専用メニューを表示」「それ以外の友だちには、非会員メニューを表示」させることが可能です。

 

会員専用メニュー例

会員メニュー

会員メニュー例

非会員メニュー例

非会員メニュー例

非会員メニュー例

特徴2:タップでさまざまなアクションを設定できる

Linyのセグメントリッチメニューをタップをすると、LINE公式アカウントで設定できるアクションよりも、多くのアクションを設定することができます。

例えば、先ほどの非会員メニューのリッチメニューの「会員限定メニュー」をタップすると、アンケートフォームを開き、会員登録を促すことができます。

リッチメニューのアクション

リッチメニューをタップするとアンケートフォームが表示される

その他にも、タップをすることにより、以下のようなアクションを設定することが可能です。

  • 電話をかける
  • タグを付ける
  • 動画や画像を送信する
  • 診断テストを開始する
  • リッチメニューをタップした回数をカウントする、など

リッチメニュータップ回数のカウント例:

リッチメニュータップ

リッチメニュータップ回数をカウントし、リッチメニューの効果を測定したり、友だちの興味・関心のスコアリングができる

リッチメニューと様々なコンテンツを組み合わせることができ、まるでLINE公式アカウントを「アプリ」のように活用できます。

特徴3:タップでリッチメニューを切り替える

Linyのセグメントリッチメニューなら、タップでリッチメニューを切り替えることもできます。

例えば、タブ形式のリッチメニューを作成し、タブ部分をタップすることで、リッチメニューを切り替えられます。

リッチメニュー_1

メインメニューが表示されている。タブの「季節のおすすめ」をタップすると...

リッチメニュー_2

季節のおすすめのリッチメニューに切り替わる。

リッチメニューの切り替えにより、多くの情報を掲載することができ、ホームページのように、LINE公式アカウントを活用することができます。

特徴4:デザインを自由に作成できる

LINE公式アカウントには、テンプレートが用意されており、大7種類/小5種類から選択して利用することになります。この種類はタップ領域のパターンを表しています。このテンプレートに沿ってデザインを作成し、タップされた場合のアクションを設定します。

テンプレートの種類

LINE公式アカウントのテンプレートの種類

Linyを活用すると、タップ領域を自由に決めることができ、好きなデザインのリッチメニューを作成することができます。特徴3でご紹介した「タブ形式のリッチメニュー」も、タップ領域を自由に設定することで実現しています。

自由にタップ領域を設定できる

タブのデザインに合わせて、自由にタップ領域を設定できる

セグメントリッチメニューの活用例/お客様事例

Linyのセグメントリッチメニューを活用した「お客様事例」をご紹介いたします。

滋賀県:お知らせしたい情報を「わかりやすく」届ける

滋賀県庁では、Linyを活用してLINE公式アカウントを運営されています。

リッチメニューは、滋賀県のホームページへの遷移や、お知らせしたい情報を届けるために、活用されています。タブでリッチメニューを切り替えることにより、知りたい情報にすぐにアクセス出来るような設計となっています。

滋賀県庁のリッチメニュー

滋賀県庁のリッチメニュー「タブ」をクリックしてリッチメニューを切り替える

 

最近では、新型コロナウイルスの情報配信を「リッチメニュー」で実装されました。ユーザーが最も知りたい内容をリッチメニューに入れ込むことで、利便性が高くなります。

新型コロナウイルス専用メニュー

タップすると「新型コロナウイルス専用メニュー」が開く

 

滋賀県のLinyの活用事例については以下からご確認ください。

滋賀県庁のLiny活用事例

studio-K:サービスや情報が一覧で見れるリッチメニュー

Webマーケティングのサービスを提供されているstudio-KのLINE公式アカウントでは、リッチメニューをホームページ化してサービスや情報を一覧で見れる仕組みを提供されています。

他のものを見たり遷移しなくても、LINE公式アカウント内で情報が手に入るのは、ユーザーにとって大変便利です。

studio-K Webマーケターが教える!失敗しないLINE活用法

studio-K Webマーケターが教える!失敗しないLINE活用法

株式会社studio-KのLinyの活用事例については以下からご確認ください。

studio-KのLiny活用事例

Liny:「契約者用リッチメニュー」で役立つコンテンツを提供

Linyでは、契約者の方専用のLINE公式アカウントがあります。アップデート情報や、活用方法の紹介、デモアカウントへの遷移やサポート予約が、すべてリッチメニューから確認・活用いただける様になっています。

linyの契約者専用リッチメニュー

linyの契約者専用リッチメニュー

まとめ

Linyのセグメントリッチメニューは、Linyの機能の中でも多くのお客様にご活用・ご好評いただいている人気機能です。

  • リッチメニューをユーザーによって出し分けたい!
  • リッチメニューをタップで切り替えたい!
  • リッチメニューから豊富なコンテンツに遷移させたい!

そんなご希望があれば、ぜひ一度、セグメントリッチメニューをお試しください。

Linyの資料請求をする >>

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

詳しくはこちら

-Liny, Liny活用テクニック
-

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。   LINE公式 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

3

この記事では、日常的に利用されているコミュニケーションツールの「LINEアプリ」の使い方から、ビジネス用途の「LINE公式アカウント(旧LINE@)」の活用事例までご紹介していきます。 公式アカウント ...