LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント業界別事例 LINE公式アカウント運用ノウハウ

LINEで予約を取る方法は?店舗やサロンの最新の集客方法

LINE公式アカウントの店舗、サロン集客

この記事では、LINEを利用した予約の受付や、集客方法についてご紹介していきます。店舗を運営されていて、効果的な集客方法や予約のとり方についてお悩みの方は是非参考にしてください。

LINEは予約や集客ツールとしてもオススメ!

飲食店、美容室、サロンなど、様々な店舗では、お客様からの予約を受けながら、日々の営業を行なっていると思います。

業種によっても異なりますが、予約を取るツールは様々です。ネットの予約システムを利用したり、電話やメールで予約の対応をしたり。最近ではTwitterやFacebookなどのSNSを使って予約を受け付けている所もあるでしょう。

その中でも特に注目されているのが、「LINE」を利用した予約の受付方法です。

店舗の予約で活躍するLINE公式アカウントって?

私達が普段利用しているLINEアプリには、店舗や企業のビジネス用のアカウントがあり、「LINE公式アカウント」と呼ばれています。LINE公式アカウントは、2019年時点で開設数が300万件を突破しており、数多くの店舗や企業で利用されています。

LINE公式アカウントは店舗や中小企業向けのサービスなので、店舗やサロンでの利用時に嬉しい料金体系や機能が揃っています。

LINE公式アカウントで予約も取れるの?

LINE公式アカウントでは、通常のLINEアプリのように、友だちになった方と1:1のチャットが出来るので、会話を通して予約を受け付けることが出来ます。

お客様にとっても、普段利用しているLINEで簡単に予約が取れるため、利便性が向上し、再来店率のUPに繋がるという成功事例が多数生まれています。

美容サロンでの予約受付画像

美容サロンでの予約受付イメージ

 

LINE公式アカウントを使うと何が出来るの?

LINE公式アカウントには様々な機能が用意されています。ここでは、店舗向けのおすすめ機能を中心にご紹介していきます。

 

プロフィール画面はホームページのように利用できる

LINE公式アカウントの「プロフィール画面」では、店舗の営業時間やお店の場所、メニューやサービス、料金などを掲載することも出来るので、まるでホームページのように利用することが可能です。

プロフィールイメージ

プロフィールに情報を掲載できる

 

メッセージを一斉に配信できる

LINEアカウントの友だちになってくれた人に向けて、メッセージを一斉に配信できる機能もあります。キャンペーンやイベント、新商品や新サービスを案内したいときに便利な機能です。

DMやメールで案内を出されることもあるかと思いますが、手紙よりもコストや手間がかからずに送信でき、メッセージが読まれるまでの速度も他のツールに比べて格段に早いのがLINEの特徴です。

 

個別にチャットが出来る

予約を受け付けるときに便利なのがチャット機能です。

通常のLINEアプリのように、LINEアカウントの友だち一人ひとりとチャットを行うことができます。チャットの内容は、他の友だちに見られることは有りません。このチャットを利用して、予約やお問い合わせを受け付けることが可能です。

個別チャット画像

 

ショップカードやクーポンが作成出来る

店舗によっては紙のショップカードやクーポンを利用しているところもあるでしょう。LINEであれば、ショップカードもクーポンもLINE上で簡単に作成して配布することが出来ます「ショップカードを持ってくるのを忘れた!」という事態を防ぐことも出来るでしょう。ショップカードやクーポンの配布で、リピーターにも嬉しい特典をつけることができ、店舗とお客様の良い関係を築くことが期待できます。

 

LINEで予約や集客を行うための方法は?

LINE公式アカウントは、新規顧客の集客よりも、一度来てくれたお客様をリピーターとして集客するのに相性が良いツールです。ここからは、「店舗に来てくれた事があるお客様」にリピーターになってもらい、集客に結びつける流れをご紹介していきます。

 

まずは店舗に来てくれたお客様にLINEに友だち登録してもらう

まずは、店頭や受付などでの声掛けやPOPなどを活用して、LINE公式アカウントの友だちになってもらいましょう

ここでは、「友だちになりたい!」と思ってもらうことが重要なので、割引クーポンを配布する、プレゼントを付ける、などのメリットを用意することで友だち登録率をUPさせます。

 

一斉配信で定期的にコンタクトを行い集客につなげる

友だちが増えてきたら、一斉配信などを利用して、定期的に有益な情報を友だちに配信します。イベント情報やキャンペーン情報など、友だちにとって嬉しい情報・再来店したくなるような情報を送るように心がけると良いでしょう。

 

予約を取りやすい動線を作る

友だちがメッセージを受け取り「来店したい!」と思ったときに、LINE内で簡単に予約がとれるような仕組みを作っておくことをオススメします。

例えばリッチメニューの中に「予約」というメニューを入れておくことも重要です。LINEの配信によって、友だちの来店したい気持ちが高まった状態を逃さずに、スムーズに予約につなげましょう。

リッチメニューで予約

リッチメニューから予約が出来る

リッチメニューで予約が出来るボタンを用意しておき、タップするとお店の予約システムのURLが開くような設定も出来ますし、そのままトークで会話を行い予約を取られても良いでしょう。

 

なぜLINE公式アカウントが集客に良いの?

LINEのメッセージは読んでもらいやすい

LINEはメッセージの開封率(読んでもらえる率)は他のツールと比較しても高く、平均すると60%とも言われています。例えば、1000人友だちがいる場合は、600人がメッセージを見てくれることになり、メールよりも断然効果が期待できます。

友だちとの信頼関係が作れる

1:1で会話が出来るチャット機能があるため、友だちとの信頼関係を築くのにもよいツールです。例えば予約して来店してくれた友だちには、来店のお礼メッセージを送るなど、細やかなコミュニケーションを通じて、お店のファン化を促進することも可能です。

友だち登録も手軽にできる

LINEの友だち登録は非常に簡単です。予約サイトなどに登録する際には、個人情報を色々と入力する必要がある場合が多いですが、LINE公式アカウントであれば「追加」をタップするだけで友だちになることが出来ます。

お客様の手間をかけずに登録してもらうことが出来るのも、LINEを利用する理由の一つです。

 

LINE公式アカウントで予約を取るメリットと事例

ここで、LINE公式アカウントで予約を受け付けている店舗やクリニックの事例をご紹介し、そのメリットをお伝えしていきます。

 

売上が30-40%アップした飲食店

LINEのチャットを使って予約を受付。手が空いたタイミングで予約対応を行い、ミスが軽減。きめ細やかな対応でお客様との距離も縮まった!

LINEで予約を受け付ける

引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/bloom/

2〜3人でお店を回しているバルスタイルのお店では、電話でも予約を受けつけていました。営業中や忙しい時間帯の電話対応は大変で、時には聞き間違いも発生していたそうです。

LINEのチャットで予約を受け付けるようになってからは、手が空いたタイミングで予約の対応を行ったり、やり取りの履歴が残るため、ミスも防げるようになりました。お客様から、LINEでのやり取りが楽だという声もあったそうです。

電話や予約サイトも併用されていますが、LINEの予約の割合もぐんと増えてきているそうです。

来店後に、来店のお礼メッセージを送るなどでお客様との距離を縮めて、「また行きたい」と思ってもらえるように活用されています。

参照元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/bloom/

 

再来店率60%の美容室

LINEのチャットで予約を受付。コミュニケーションを楽に効果的に行い、次の予約に繋げる!

LINEで予約を受け付ける2

引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/storia/

複数のサロンを運営されている美容室では、LINE公式アカウントを導入することで生産性がアップし、新規顧客の再来店率が60%になりました。

今までは電話やメール、はがきでお客様とコミュニケーションを取っていたのを、LINEに置き換えることでスタッフの対応が軽減し、本来すべきだったお客様への対応に時間が割けるように。

来店いただいた当日には御礼のメッセージを送信し、次回の来店につながるようなコミュニケーションが実現され、次回予約率は70%、新規顧客の再来店率も60%を維持されています。

参照元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/storia/

 

急な予約のキャンセルも問題無しな動物病院

予約の空き状況をLINEで配信。急なキャンセル枠も楽に埋まる!

LINEで急な空き状況を配信

引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/konishianimalclinic/?field_case_category_function_target_id=73&field_case_category_scale_target_id=36

ペットホテルやトリミングサービスなども行っている動物クリニックでは、メルマガを使った販促をLINEに切り替えました。クーポンの使用率は月平均で15%となり、約200−300人の飼い主さまがクーポンを利用しに来院されています。

急なキャンセル枠が発生したときも、LINE公式アカウントで告知することによって、数分で埋まることもあり、非常に役立っているそうです。

参照元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/konishianimalclinic/?field_case_category_function_target_id=73&field_case_category_scale_target_id=36

 

LINE公式アカウントの開設前に知っておきたいこと

ここからは、LINE公式アカウントの開設にあたって知っておきたい基本知識をご紹介します。

 

LINE公式アカウントの2つの種類

LINE公式アカウントには、2つの種類があります。

  • 認証済みアカウント:LINE社が規定する審査に合格したアカウント
  • 未認証アカウント:審査不要で個人や法人を問わず取得ができる

「認証済みアカウント」になると、認証済みバッチの付与や、LINEアプリ内の検索結果に表示されるメリットがあります。

店舗やクリニックなどで利用される場合は、信頼度が高く、検索結果にも表示される「認証済みアカウント」を取得されることをおすすめいたします。

 

料金プランについて

LINE公式アカウントは3つの料金プランがあり、なんと無料で利用が出来る「フリープラン」が用意されています。

料金表

引用元:https://www.linebiz.com/jp/entry/

どのプランでも同じ機能を利用することが出来ますが、「無料分のメッセージ通数」が各プランごとに異なってきます。1ヶ月のメッセージ配信数が何通になるのかによって、プランを選ばれると良いでしょう。

例えば、250人の友だちに、1ヶ月4通メッセージを配信た場合は、

250人 ✕ 4通= 1000 通 

という計算になります。1000通まではフリープランで無料で利用が可能です。1:1チャットは通数に含まれません。)

まずはフリープランから始めてみると良いでしょう。

 

LINE公式アカウントを早速開設してみる

LINE公式アカウントは、数分の簡単な作業でお手軽に作成することが出来ますので、以下の記事を参考に開設をしてみてください。

「認証済みアカウント」を開設したい場合は、ソーシャルデータバンクで開設代行サービスも行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント業界別事例, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-,

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ