Liny Linyアップデート情報

Linyに「予約機能」が追加!LINEで予約の自動化・リマインド配信が可能に

LINEのマーケティングツール「Liny」に、待望の「予約機能*」が追加されました。この記事では、Linyの予約機能についてご紹介していきます。(*Linyの予約機能は正式リリースに先がけ、現在、ベータ版として提供しています)

Linyについてはこちらの記事をご参照ください。

Linyの予約機能とは?

予約

LINE公式アカウントの運用において、「LINEで予約を完結したい」「Linyの友だち情報と予約情報を紐づけて管理したい」という要望をお持ちではありませんか?

Linyを使うと、そのニーズにお応えできます!

Linyの予約機能では、

  • LINE内で予約が完結!
  • 予約完了/予約忘れ防止メッセージをLINEで送信!
  • 予約情報を友だち情報と紐づけて管理・活用!

これらが実現され、ユーザーの利便性の向上と、運用者の手間削減、また運用効果のアップに繋げることができます。

次から、Liny予約の特徴と具体的な利用方法についてご紹介していきます。(*Linyの予約機能は正式リリースに先がけ、現在、ベータ版として提供しています)

Liny予約機能「3つの特徴」

Linyの予約機能の特徴を3つご紹介します。

Liny予約3つの特徴

Liny予約3つの特徴

1. イベント予約とカレンダー予約

「単発で開催するイベント予約」「日常的に予約を受ける為のカレンダー予約」の2種類の予約機能を用意しています。どちらの機能もご利用いただけます。

①イベント予約について

イベント予約機能は、日時を指定したイベントについて、Liny上で予約管理ができる機能です。

イベントの日時、場所、利用規約、定員数などを設定し、友だちにイベント予約用のURLを配信します。友だちは、送られてきたURLをクリックし、必要項目を入力することで、予約完了となります(予約を承認制にすることも可能です)。

イベント予約

友だちが操作する、イベント予約の画面例

Linyの管理画面では、イベントごとに予約者の情報を確認することができます。

②カレンダー予約について

カレンダー予約は、日常的に予約を受けるサービスで活用できます。

例えば、

  • 店舗への来店
  • 常設の相談窓口
  • サロンやクリニック
  • 少人数の講座や面談

など、顧客から予約を受けてサービスを提供するようなサービスで、お使いいただけます

予約画面

友だちが操作する、カレンダー予約の画面例

カレンダー予約には、以下のような機能が備わっています。

  • 予約枠の作成
  • 予約内容(メニュー)の作成
  • 予約状況の確認
  • 予約完了メッセージの配信
  • リマインドメッセージの配信
  • 友だち情報との紐づけ、等

2. リマインドメッセージで予約忘れ防止

予約を行ったユーザーに対し、予約日前にリマインドメッセージをLINEで配信することで、予約忘れによるキャンセルを防ぐことが可能です。メールではなく、LINEでメッセージを送ることで、開封率のアップやメッセージの見逃しの低下につながります。

リマインドメッセージの例

リマインドメッセージの例

リマインドメッセージには、「予約日時」「予約内容」「担当者」などを入れることも可能です。

3. 予約情報と友だちを紐づけ、マーケティングや販促に活かす

ユーザーの予約情報は、友だち情報と紐づけて管理ができます。「友だちが何回予約を行ったのか」「予約をキャンセルしたのか」「いつどんな予約をしたのか」など、予約情報を保存し、効果的なセグメント配信に活用できます。

例えば、

  • 3ヶ月前に予約を行ったユーザーに対してメッセージを配信する
  • 予約をキャンセルした方に対して、数日後に予約促進の連絡をする

など、リピーターを増やす施策や再来店に繋げていくことが可能です。

Liny予約機能「5つのおすすめポイント」

次に、Liny予約のおすすめポイントをご紹介します。

Liny予約おすすめ

Liny予約機能5つのおすすめポイント

1. 幅広い業種で利用できる

Linyには、イベント予約とカレンダー予約があります。

イベント予約は、単発のイベントの予約に最適です。業種やサービスは問わず、何らかのイベントの予約を取りたい場合に活用できます。

カレンダー予約は、店舗やサロン、クリニックなど、定期的な予約を受け付ける用途で活用できます。

この2つの予約の仕組みを両方使うことができ、幅広い業種の予約をカバーします。

2. 予約枠の作成やカスタマイズが容易

予約枠

カレンダー予約では、担当者ごとに予約時間を調整できる

カレンダー予約では、予約枠の作成*やカスタマイズが簡単にできます。

通常営業日の予約も、特別な休業日も、一部の予約枠をブロックすることも容易です。

担当者別に予約枠の調整もでき、柔軟な予約枠の調整に対応しています。

※予約枠の作成とは

担当者・会議室など、予約する際に指定する項目を設定できる機能です。

店舗や会社全体ではなく、その中で個別の担当者や会議室ごとに予約を受け付けたい場合に利用できます。

3. ユーザーが使いやすい予約画面

予約画面

ユーザーが利用する予約画面

ユーザーが利用する予約画面は、直感で操作ができるデザインになっています。スマホで簡単に操作ができ、すき間時間にLINEから予約するのに適しています。

4. 予約情報がひと目で分かる管理画面

Linyの予約画面

Linyの予約確認画面

Linyの管理画面では、日ごと、月ごとの予約状況がひと目で分かります。

また、予約者情報はLinyと紐づいているため、

  • Linyで保存している顧客情報の参照ができる
  • トーク画面にワンクリックで遷移できる
  • 過去の予約履歴を閲覧できる

など、予約者情報をチェックし、来店の準備に役立てることも容易です。

予約者情報の閲覧

予約者情報の閲覧やメモの入力が可能

5. 月額5,500円(税込)から利用できる

Linyには、

  • スタートプラン:¥5,500(税込)/月
  • ベーシックプラン:¥43,780(税込)/月
  • プレミアムプラン:¥76,780(税込)/月

の3プランが用意されています。

この予約機能は、全てのプランでお使いいただけます。月額5,500円(税込)から、予約機能だけではなく、LINEマーケティングや顧客管理に必要な機能が使えますので、是非お試しください。

予約機能の利用シーン

予約機能の利用シーンの例を、いくつかご紹介します。

新卒向けの会社説明会(イベント予約)

イベント予約機能を利用して、会社説明会の予約の仕組みが作れます。

会社説明会

友だちが受け取る、会社説明会のイベント予約画面

予約の自動化、管理はもちろんのこと、説明会の参加予約をした方に「説明会予約」タグを付与し、後日、説明会予約者のみにメッセージを送ることもできます。また、入社意欲のスコアリングにも役立てることも可能です。

サロン/美容室(カレンダー予約)

カレンダー予約機能を利用して、サロンや美容室の予約管理ができます。

美容室

Linyの管理画面。スタッフごとに予約枠が作成できる

一人で運営している店舗でも活用できますし、複数人の施術者や美容師が担当する場合にも対応しています。

スタッフごとにシフトを作成できるので、スタッフの勤務時間に併せて予約枠を作成することが可能です。もちろん、スタッフの休暇日には予約枠を閉じられます。

貸し会議室/レンタルスペース(カレンダー予約)

貸し会議室やレンタルスペースにも、予約システムを使うことができます。

レンタルスペース予約

Linyの管理画面。レンタルスペース予約の場合は、部屋ごとに枠をつくる

会議室や部屋ごとに予約枠を作成して、利用時間に応じて、部屋を押さえる事が可能です。

予約内容の確認はLINEで送信されるため、複数人で利用する場合の、メッセージのシェアがLINE経由で行え、ユーザーの利便性向上につながります。

Linyの予約機能に関する注意点

Linyの予約機能には注意点があります。

また、現在提供している予約機能は、正式リリース前のベータ版です。

以下の注意点をご確認いただき、運用上問題ないか併せてご検討ください。気になる点がありましたら、お申込み時にご確認ください。

  • 外部の予約システム(Googleカレンダーなど)との連携はできません。
  • 予約状況のカレンダーをHPに埋め込むなどはできません。
  • 予約時に決済を行うことはできません。
  • 機能・仕様が予告なく変更になる場合があります。
  • 予約機能ベータ版において不具合が発生した場合、他機能同様にサポートを行いますが、対応に時間がかかる場合があります。
  • 正式リリース後には有料になる場合があります。ただし、ベータ版をお使いの方に対して、自動で料金が発生するということはありませんのでご安心ください。

まとめ

新しく登場したLinyの予約機能と、既存のマーケティング機能や顧客管理機能を組み合わせることで、より多くのお客さまのニーズを実現することが可能になりました。

お値段は変わらず、今まで通りの料金プランでご利用いただけます。

是非、Linyを活用することで、LINE公式アカウントの運用効果を高めて、よりよい顧客関係を築いてください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

詳しくはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。   LINE公式 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

3

この記事では、日常的に利用されているコミュニケーションツールの「LINEアプリ」の使い方から、ビジネス用途の「LINE公式アカウント(旧LINE@)」の活用事例までご紹介していきます。 公式アカウント ...

-Liny, Linyアップデート情報

Linyを使ってビジネスの課題を
解決しませんか?

Linyを使った集客・販促・顧客管理についてお気軽にご相談ください。