LINE公式アカウント お知らせ

【準備必須】2023年6月LINE公式アカウントの料金プランが改定に!

【準備必須】2023年6月LINE公式アカウントの料金プランが改定に!

【準備必須】2023年6月LINE公式アカウントの料金プランが改定に!

企業や店舗用のLINEアカウントである、LINE公式アカウント。LINE社より、2023年6月(予定)に、全ての料金プランの内容を改定するという発表がありました。

  • どのようにプランが変更になるのか?
  • 変更によってどのような影響があるのか?
  • 今からできる準備は何か?

について説明していきます。

LINE公式アカウントの料金プラン改定の内容は?

2022年10月31日、LINE社は、翌年の2023年6月に「LINE公式アカウント」の料金プランを改定する予定であることを発表しました。

▼改定後の料金プラン

料金プランの改訂

2023年6月の料金プラン 引用:https://www.linebiz.com/jp/news/20221031/

▼現在の料金プラン

現在の料金プラン

現在の料金プラン
引用元:https://www.linebiz.com/jp/news/20221031/

現在も改定後も、0円プラン、月額5,000円プラン、月額15,000円プランの3プランがあります。

金額や利用できる機能に変わりませんが、1ヶ月に送信できるメッセージ通数が、大幅に減少となりました。

◆1ヶ月に送信できるメッセージ通数の変化

  • 0円プラン:1,000通 → 200通800通 減少
  • 5,000円プラン:15,000通 → 5,000通10,000通 減少
  • 15,000円プラン:45,000通 → 30,000通15,000通 減少

さらに、5,000円プランでは、設定されたメッセージ通数を超えた場合、今までは1通5円でメッセージを追加で送信できていましたが、追加送信が不可となっています。

送信できるメッセージ通数が、大幅に少なくなったことで、LINE公式アカウントを運用しているほとんど方に、何らかの影響が出てくるでしょう。

◆なぜ、LINE公式アカウントの料金が改定になったのか?考えてみた

LINE社の発表を、”筆者なり” に解釈すると、

  • 一斉配信による一方的なコミュニケーションが多く、それを『課題』と感じている
  • 適切ではないメッセージを減らして欲しい
  • そのために、3つの取り組みを進めている(①ユーザーの興味関心に基づく絞り込み配信機能の強化 ②PayPayやYahoo!JAPANなどのZHDグループ各社サービスとの連携によるユーザー接点の強化 ③業種特化型パッケージプランの提供)
  • これらを活用して、メッセージ通数を減らしつつ、適切なコミュニケーションに変更してほしい

※ LINE社の発表は、こちらからご確認ください。https://www.linebiz.com/jp/news/20221031/

つまり、

  • 適切なメッセージだけを送信すれば、メッセージ通数は減る!
  • だから、料金プランのメッセージ通数を少なくした!
  • そのために、機能やサービスを活用してほしい!

というポイントに絞られると考えます。

変更によってどのような影響があるのか?

では、従来の運用を行なった場合、具体的に、どのような影響が出るのかを考えてみます。

▼0円プラン(フリープラン)利用の場合(現1,000通 → 新200通)

今まで通り、1,000通送信したい場合は、月に5,000円のプランに変更することになります。

メッセージ配信数を抑える場合は、例えば、以下のように計算します。

  • 友だちが200人いた場合、今まで月に4回送信できていたメッセージ(200×4=1,000通)を、1回のみの配信(200×1=200通)にする
  • 友だちが100人いた場合、今まで月に4回送信できていたメッセージ(100×4=400通)を、2回のみの配信(100×2=200通)にする

▼5,000円プラン(ライトプラン)利用の場合(現15,000通 → 新5,000通)

今まで通り、15,000通送信したい場合は、月に15,000円のプランに変更することになります。

メッセージ配信数を抑える場合は、例えば、以下のように計算します。

  • 友だちが1000人いた場合、今まで月に4回送信できていたメッセージ(1000×4=4,000通)は、変わらず送信可能
  • 友だちが5000人いた場合、今まで月に3回送信できていたメッセージ(5000×3=15,000通)を、1回のみの配信(5000×1=5000通)にする

▼15,000円プラン(スタンダードプラン)利用の場合(現45,000通 → 新30,000通)

今まで通り、45,000通送信したい場合は、現状の15,000円のプランにプラスして、「15,000通(45,000通 - 30,000通)」分の追加メッセージ料金の支払いが必要です。

今からできる準備は何か?配信方法の「転換」をしよう!

上記で紹介した計算では、「送信回数」を調整しました。

ここで、1つ、配信方法の考え方の変更をお勧めします。

メッセージ通数 = 友だち数 × 送信回数

↓↓↓

メッセージ通数 = ターゲットリーチ数 × 送信回数

つまり、「送信回数」だけを調整するのではなく、送信する人数を「友だち数」から「ターゲットリーチ数」に置き換えて、運用方針を立てていきます。

◆ターゲットリーチ数とは?【絞り込み配信を使って、配信数を絞る方法】

ターゲットリーチ数とは、友だちの総数ではなく、実際にメッセージが配信される友だちの数です。

メッセージ配信には、友だちを絞り込んで配信する方法があります。例えば、

  • 友だちの属性によって絞り込む(性別、年代、地域など)
  • チャットタグがついている友だちを絞り込んで配信する
  • 前回送信したメッセージを開封した友だちを絞り込んで配信する

などで、配信する友だちを絞り込むことができます。絞り込んだ友だちの数を、ターゲットリーチ数と言います。この絞り込み配信をうまく活用することで、送信先の数を減らすことにつながります。

実際、友だち数が多いアカウントや、友だちに不要なメッセージ配信をしたくないアカウントは、すでに絞り込み配信を活用して、メッセージ通数の大幅な削減を行なっています

さらに、メッセージを絞り込んで配信することで、「情報を必要な人にだけ届ける」ことができ、コンバージョンのアップにも繋がっていきます。

絞り込み配信については、「LINE公式アカウントのセグメント配信とは?設定方法も解説!」記事を参照してください。

料金プラン改定の「重要ポイント」まとめ

2023年6月に、LINE公式アカウントの全ての料金プランの内容が改定になります。

  • 全てのプランで送信できるメッセージ通数が激減する
  • そのため、今までのメッセージ通数の上限で運用する場合は、実質値上げとなる
  • メッセージ通数を適正化するためには、メッセージを絞り込んで、必要な人に必要な情報だけを届ける運用にする

という、変更が必要です。

今から、メッセージの絞り込み配信と、ユーザー理解を深めることで、来年の料金プラン改定にスムーズに対応できるようにしましょう!

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

Linyの導入事例はこちら

Liny e-Bookダウンロード

-LINE公式アカウント, お知らせ
-

  • この記事を書いた人

鈴木優

LINE運用アドバイザー・Webディレクター・ライター。 【LINE公式アカウントBasic認定資格】保持。 LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。当ブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1
【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2022年版-

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントとは ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2
リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介 3
LINE公式アカウントとは?仕組みや機能と料金を徹底解説

「LINE公式アカウント」とは、企業や店舗用のLINEアカウントです。友だちになったユーザーへ、メッセージやクーポンを配信し、コミュニケ~ションを円滑に取るためのサービスです。 この記事では、LINE ...