LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント基礎知識 LINE公式アカウント運用ノウハウ

LINE公式アカウントの料金は?運用費用はいくらかかるか【見積もり方法】

この記事では、LINE公式アカウントの開設・運用に必要な料金を徹底解説します。いくらあればLINE公式アカウントをスタートできるのか、一緒に見積もりをしていきましょう!

LINE公式アカウントに必要な3つの費用

LINE公式アカウントを開設して運用していくためには、大きく分けて以下の3つの料金がかかります。

  1. 月額固定費
  2. 追加メッセージ料金
  3. オプション料金

この3つの料金の合計額が必要になる費用だと考えてください。

LINE合計コスト

 

この3つ以外の費用は不要です!それでは、1つずつみていきましょう。

3つの料金プランから「月額固定費」を選ぶ

まずは月額固定費です。LINE公式アカウントには、3つの料金プランが用意されています。

  • フリープラン
    • 月額固定費:無料
    • 無料メッセージ数:1,000通
    • 追加メッセージ料金:不可
  • ライトプラン
    • 月額固定費:5,000円
    • 無料メッセージ通数:15,000円
    • 追加メッセージ料金:5円
  • スタンダードプラン
    • 月額固定費:15,000円
    • 無料メッセージ通数:45,000円
    • 追加メッセージ料金:〜3円

です。

LINE料金プラン

引用元:https://www.linebiz.com/service/line-official-account/plan/

どのプランでも利用できる機能は同じです! 違いは、

  • 月額固定費
  • 無料メッセージ通数
  • 追加メッセージ料金

のみです。

月額固定費はその名の通り、毎月かかる固定費となります。

無料メッセージ通数は、毎月「無料で」配信することができるメッセージの総通数です。例えば、「フリープラン」では、1,000通まで無料でメッセージを配信出来ます。

メッセージのカウント方法は、【送信回数 × 友だち数】です。(ブロックしている友だちは、友だち数には入っていません)

もし友だちが100人いて、月に4回配信した場合は、

100人 × 4回 =400通 となります。

追加メッセージ料金は、利用プランの無料メッセージ通数を超過したメッセージにかかる料金です。

ただし、「フリープラン」の場合は超過してのメッセージ配信はできないのでご注意ください。ライトプラン、スタンダードプランの場合は、無料メッセージ通数を超えたメッセージ、1通あたりに料金が加算されます。追加メッセージ料金については、後ほど詳細をご説明します。

このプランから始めれば間違いない!

LINE公式アカウントを初めて開設される場合は、友だちが0人から始めることになるため、「フリープラン」からで良いでしょう!月額固定費は「無料」、月に1,000通までメッセージ配信ができるので、まずはこのプランからスタートすれば間違いありません。

プラン変更の目安

一般的に、LINE公式アカウントの配信は多くて週に1回と言われています。それ以上の配信をすると、友だちがメッセージの受け取りを煩わしく感じ、ブロックにつながる恐れがあるからです。

例えば、週に1回配信する場合は、月に約4回の配信となります。友だちが250人いる場合、ちょうど1,000通となるため、「フリープラン」の無料メッセージの上限に達します。

ここが目安です。週に1回配信の場合は友だち250人以上になってきた際に、ライトプランへの変更を検討されると良いでしょう。

ライトプランの無料メッセージは15,000通です。月に4回配信する場合は、友だち3,750人に送ることが可能です。(フリープランと比べると、だいぶ多くの方に送れますね!)

プラン変更の方法

フリープランを利用している場合、ライトプランやスタンダードプランへの変更は即時適用することができます。変更月は日割り料金となります。

ライトプラン、スタンダードプランから他のプランへの変更は、翌月月初に適用となるため、計画的に変更されると良いでしょう。

無料メッセージ通数を超過した場合の「追加メッセージ料金」

先ほどプランごとの無料メッセージ通数をご紹介しましたが、その通数よりも超過してメッセージを送信した場合には、追加で料金がかかります。(フリープランの場合は超過してメッセージを送ることはできません。)

例えば、ライトプランで月に17,000通送信した場合、無料通数が15,000通なので、2,000通のオーバーです。

2000通 × 5円 = 10,000円 の費用が別途必要、という計算になります。 

スタンダードプランの追加メッセージの場合は、1通あたり最大3円かかり、追加のメッセージを配信すればするほど、1通あたりの料金は安くなります。以下の料金テーブルを参考にしてください。

追加メッセージ料金テーブル

引用元:https://www.linebiz.com/static/jp/docs/line-official-account-price-table.pdf

どのメッセージが通数カウントされる?

「メッセージ」と言っても、LINE公式アカウントには様々な種類のメッセージがあります。全てのメッセージが「無料メッセージ通数」および「追加メッセージ通数」にカウントされるわけではありません。

カウントされるメッセージは、

  • 「メッセージ配信」で配信するメッセージ

です。「メッセージ配信」というのは、いわゆる一斉配信(絞り込み配信含む)です。その場合のみ、メッセージ通数にカウントされると覚えておいてください。

カウントされないメッセージは、

  • 「LINEチャット」で送信するメッセージ
  • 「応答メッセージ(AIメッセージ含む)」
  • 「あいさつメッセージ」

となります。カウントされないメッセージは、何通送っても無料です。

補足:Messaging APIを利用している場合

LINE公式アカウントにはMessaging API(詳細はリンクを確認)という機能があります。利用されている場合は「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」はカウント対象、「Reply API」はカウント対象外となります。

オプションの利用

オプション機能は様々あります。例えば、

  • LINEプロモーションスタンプ:(1000万〜)
  • 友だち追加広告:LINEの広告を利用して友だちを獲得する(1万円〜)
  • プレミアムID:独自のIDを設定できる(1,200円/年)

などです。

運用を進める上で、必要に応じて使用を検討されると良いでしょう。1つだけ、LINEの開設と同時に利用を検討されると良いオプションがあります、それは「プレミアムID」です。

プレミアムID

LINE公式アカウントを作ると「ID」が発行されます。認証済みアカウントになると、友だちがIDを入力してアカウント検索をすることもできます。

通常IDは、ランダムな英数字が割り振られます。例えば、@243daquu のようなものです。これを、@+指定文字列 にすることができます。自社のサービスや店舗名を利用することが多いでしょう。例えば、「サロンリニー」という店舗名の場合は、@salon_liny のように指定します。

こちらは、年額料金がかかってきて、1,200円(税別)となります。友だちが検索しやすくなりますので、認証済みアカウントの場合は取得されると良いでしょう。

料金に関するよくある質問

料金関連でよくいただく質問と回答をご紹介します。

LINE公式アカウントの開設はいくらですか?

開設自体は費用はかからず「無料」で出来ます!イニシャルコスト(初期費用)がかからないのは嬉しいですよね。その代わり、開設はご自身で行うことになります。開設はこちらの記事を参考に行なってください。【3分で分かる!LINE公式アカウントの作り方】

「認証済みアカウント」にするには料金がかかりますか?

LINE公式アカウントには「認証済みアカウント」と「未認証アカウント」があります。

認証済みアカウントとは、LINEの審査を通過した場合に得られるアカウントです。認証済みアカウントになると、アカウントのバッジの色が変わったり、LINEアプリ内で検索をした場合に検索結果に表示される、など様々な特典があります。

認証済みアカウントへの申し込みも、料金は不要です。ただし、LINEの審査を通過する必要があります。

合計金額はいくらになる?

最終的な見積もりは、

  1. 月額固定費
  2. 追加メッセージ料金
  3. オプション料金

の合算料金になります。

2. 追加メッセージ料金 については友だちの増え方次第で変動します。友だちの増え方のシミュレーションとして数パターンを考えておくと良いでしょう。

料金シミュレーションの例

例えば、架空のお惣菜屋さんをイメージしてシミュレーションを行い1年でかかる費用の見積もりを出してみました。

架空のお惣菜屋さんの設定

  • 商圏内のお客様は500人
  • みなさんにLINEアカウントの友だちになってもらう
  • 毎週クーポンを送りたいので、月4回配信する
  • プレミアムIDを利用する
友だち数* 通数(友だち数*4回) 月額固定費 追加メッセージ料金 オプション
1 50 200 フリープラン(0円) 0円 プレミアムID(1,200円)
2 100 400 フリープラン(0円) 0円
3 150 600 フリープラン(0円) 0円
4 200 800 フリープラン(0円) 0円
5 250 1000 フリープラン(0円) 0円
6 300 1200 ライトプラン(5,000円) 0円
7 350 1400 ライトプラン(5,000円) 0円
8 400 1600 ライトプラン(5,000円) 0円
9 450 1800 ライトプラン(5,000円) 0円
10 500 2000 ライトプラン(5,000円) 0円
11 500 2000 ライトプラン(5,000円) 0円
12 500 2000 ライトプラン(5,000円) 0円
合計 - - 35,000円 0円 1,200円

(* ブロックした友だちは含みません)

想定年間コストは「36,200円」となりました。

皆さんもこちらを参考に見積もりを出してみてください。

まとめ

LINE公式アカウントの料金は、「月額固定費」「追加メッセージ料金」「オプション料金」の合算で考えます。オプションを使わなければ、スタートも運用も「無料」で始められます。開設にも費用はかかりません。

まずは始めて反応をみてみよう!という気持ちでスタートできますので、是非ご利用されてみてはいかがでしょうか。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント基礎知識, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ