LINE公式アカウント使い方

LINE公式アカウントのリッチメッセージの作り方と活用方法

リッチメッセージ

LINE公式アカウントには、「リッチメッセージ」という【画像やテキストを合わせたコンテンツ】を配信できる機能があります。文字だけのメッセージと比べて、視覚的にわかりやすくLINEとの相性が良いため、テキストメッセージよりも、リッチメッセージを配信するアカウントも少なくありません。

この記事では、「リッチメニューとは何か」「どう作成するのか」をご説明するとともに、「リッチメッセージのデザイン事例」もご紹介していきます。

リッチメッセージとは?

リッチメッセージは、テキストと画像を組み合わせて、1つのメッセージとして配信できる機能です。視覚的に訴えることが出来、大変使い勝手がよい機能です。

リッチメッセージ

画像とテキストを組み合わせたリッチメッセージの例

また、リッチメッセージはタップする事ができ、「設定したリンク先に遷移する」もしくは「クーポンを確認する」事が出来ます。

リッチメッセージをタップ

例えば、リッチメッセージをタップをするとクーポンが開く

リッチメニューとの違い

  • テキストと画像を組み合わせる
  • タップしてクーポンやリンク先に遷移させる

という点では、リッチメニューと似ていますが、

リッチメニューは下部に固定されますが、リッチメッセージは他の配信メッセージと同様に、古い配信は流れていきます。

LINE公式アカウントジムデモアカウントメニュー

リッチメニューは画面下部に固定される

メッセージ配信の「写真」との違い

メッセージ配信の中には「写真」という画像を配信できる仕組みがあります。

メッセージ配信

メッセージ配信には「画像」というコンテンツを選ぶことが出来る

メッセージ配信の「画像」と、リッチメッセージの違いを見ていきましょう。

2つあります。

◯表示のされ方の違い

「リッチメッセージ」で配信した場合と「画像」を配信した場合は、友だちが受け取った時の表示のされ方が異なります。

リッチメッセージと画像の違い

リッチメッセージは、画面いっぱいに表示されるのに対し、画像の場合は、左にプロフィールのアイコン、右側に画像の転送用のアイコンが表示されます。

◯タップを可能にするか、転送可能にするかの違い

リッチメッセージはタップをすると、「設定したURLに遷移させる」もしくは「クーポンの確認」が出来ます。

メッセージの「写真」は、タップをしても何も起こりません。ただし、右横の転送用のアイコンが表示されていて、こちらをタップすると、LINEの他の友達に画像を転送させたり、ストーリーやタイムラインに写真を掲載させることが出来ます。

カードタイプメッセージとの違い

LINE公式アカウントには「カードタイプメッセージ」という機能があります。

カードタイプメッセージは、「画像とテキストとアクション」を組み合わせたカード型のコンテンツを作成でき、さらにそれを複数並べて送信する事が出来ます。

「画像+テキスト+アクション」を組み合わせるという点では、リッチメッセージと似ていますが、カードタイプメッセージは、用意されているテンプレートに合わせて画像、テキスト、アクションを設定するため、デザインに違いがあるのと、複数画像を1つの吹き出しで送信出来るところが異なります。

リッチメッセージの作り方と配信方法

ここからは、リッチメッセージの作り方と配信方法をご説明します。

テンプレートを選択する

リッチメッセージは、以下のようなテキストと画像の組み合わせです。

リッチメッセージ例

リッチメッセージの例

事前にどのようなデザインにするのかを考える必要があります。

デザインを決めるにあたって、リッチメッセージが利用できる「テンプレート」を知っておきましょう。

テンプレート

こちらがリッチメッセージのテンプレートです。選んだテンプレートに合わせて、タップした場合のアクションを設定することが出来ます。

テンプレートの選び方は2つです。

①画像のサイズ

  • 正方形:1040px × 1040px
  • カスタム:幅1040px × 高さ520~2080px

から選択します。

基本的には、正方形を用いることが多いと思いますが、高さを変えたい場合はカスタムを選択しましょう。

②タップする範囲

タップする範囲を選択しましょう。

正方形の場合は、8つのタップ範囲を指定できます。各セクションに対して異なるアクションを設定できます。

例えば、4つに分かれているテンプレートを選んだ場合は、4つの範囲ごとに、異なるリンク/クーポンを設定することが出来ます

リッチメッセージ範囲

カスタムの場合はタップ範囲は1箇所のみです。

選択したテンプレートに沿ってデザインを作っていきます。

リッチメッセージのデザインの作り方は2つあります。

1.画像とテキストを組み合わせた背景画像を事前に作っておく

2.リッチメッセージの機能を用いて、画像とテキストを組み合わせて作成する

です。

細かなデザインを作成したい場合はデザインツールなどを用いて、1の方法で背景画像を事前に作られると良いでしょう。

2の方法では、デザインツールなどが無くても、リッチメッセージの機能を用いて簡単に作成することも出来ます。

今回は、両パターンの設定方法をご紹介します。

リッチメッセージの作成方法

では、リッチメッセージを作成していきましょう。

左サイドメニューの「メッセージアイテム」>「リッチメッセージ」を選択し、右上の「作成を」クリックします。

リッチメッセージ作成

まず、リッチメッセージの「タイトル」を設定します。

次に、「テンプレートを選択」をクリックします。

リッチメッセージの設定

テンプレートの選択画面が表示されるので、利用するテンプレートを選んで「選択」をクリックします。

テンプレート

今回は、例として「正方形・タップ箇所は1つ」を選びました。

背景画像のアップロード or 画像を作成

ここで、リッチメッセージの画像を事前に作成している場合は、「背景画像をアップロード」を選択します。

作成していない場合は、「画像を作成」を選択します。

画像のアップ

画像を作成する

リッチメッセージの機能で画像を作成する場合の操作方法をご紹介します。

「画像を作成」を選ぶと、作成画面が立ち上がります。

この画面で、リッチメッセージを作成していきます。

画像を作成

オレンジで囲んだメニューアイコンを説明します。

左から、

  • 元に戻す
  • やり直す
  • テキストを追加する
  • 画像をアップロードする
  • 背景色を追加する
  • 枠線を追加する
  • 削除する

です。

ではまず、メインの画像をアップロードしていきましょう。今回は事前にフリー素材の画像をダウンロードしてきたので、こちらを使用します。

「画像をアップロードする」アイコンをクリックして、画像を選択すると、任意の場所に画像が配置されます。

画像をアップ

画像を動かしたり、オレンジで囲んだメニューアイコンが表示されるので、これらを用いて画像の位置を調整していきます。

次に、「背景色を追加する」をクリックして画像に合う色を設定します。

背景色の設定

背景の色が変更されました。

次にテキスト(文字)を追加しましょう。

テキストを追加をクリックすると、画面中央に「テキスト」という文字が表示されます。

テキスト追加

文字のメニューが表示されるので、文字色を変えてみます。

文字色を変える

今回は文字色を白にし、画像の下に配置しました。文字の場所は移動できます。

そして、文字の内容を変更します。

文字を変更

文字の大きさを調整したい場合は、四隅の四角をドラッグして変更することが出来ます。

文字の大きさ調整

「テキスト追加」をクリックすると、複数のテキストを追加することが出来ます。

複数のテキスト

これで画像は完成です!

保存する

作成ができたら、右上の「適用」をクリックします。

作成した画像をファイルとして保存したい場合は、「適用」をクリックする前に左横にある「ファイルに保存」を行ってください。

保存

アクションを設定する

次に、選んだテンプレートに基づいて、タップした場合のアクションを設定します。

アクションは3つから選べます。

選べるアクション

「選択」を選ぶと、タップしても何のアクションも行わない、という設定になる。

  • 何もしない(選択)
  • リンク
  • クーポン

リンクを選んだ場合は、タップした時に遷移させたいWebサイトのURLを入力します。(「アクションラベル」という設定項目がありますが、これは未対応の端末時に利用されるものなので、リッチメッセージの内容を記載しておくと良いでしょう。例:今回のリッチメッセージの場合は「ヘアケア用品セール」)

クーポンは、事前に作成したクーポンを設定できます。友だちがタップすると、クーポンを表示させることが出来ます。

これで「保存」をクリックすれば、リッチメッセージの作成完了です!

リッチメッセージの配信方法

リッチメッセージの作成が出来たら、リッチメニューを配信しましょう。

左のサイドメニューから、「メッセージ配信」>「作成」を選択します。

メッセージ配信

メッセージの設定セクションで、リッチメッセージを選択します。

リッチメッセージ

送信したいリッチメッセージを選択したら、あとは「配信」を押せば完了です。

リッチメッセージの配信

リッチメッセージのデザイン事例

リッチメッセージのデザイン事例をご紹介します。

スターバックス

タップ箇所は1箇所でシンプルなデザインです。

スターバックスリッチメッセージ

引用:@starbucks-j

牛角

タップ箇所は1箇所でインパクトのあるデザインです。

牛角リッチメッセージ

引用:@gyukaku

東京電力エナジーパートナー

タップ箇所は1箇所で高さをカスタムしたデザインです。

TEPCOリッチメッセージ

引用:@tepcoep

ローソン

タップ箇所は4箇所でインパクトのあるデザインです。

ローソンリッチメッセージ

引用:@lawson

アースガーデン

テンプレートは3つに分かれているものを選択しています。リンクは2箇所(中段・下段)に設定されています。

アースガーデンリッチメッセージ

引用:@earth-garden

まとめ

リッチメッセージの特徴や、設定方法、デザイン事例をご紹介してきました。

リッチメッセージは視覚的にわかりやすく、LINEとの相性が良い配信コンテンツです。

是非活用してみてください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
鈴木優

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。 また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 今日からリッチメニューを設定して、LINE公式 ...

3

この記事では、LINE公式アカウントを利用して、友だちに個別にメッセージを返信する方法をご紹介します。 LINE公式アカウントのおさらい LINE公式アカウントについて LINE公式アカウント(旧:L ...

-LINE公式アカウント使い方
-

© 2021 LINEマーケティング活用ブログ