LINE公式アカウント

LINE Creative Labでリッチメニュー・リッチメッセージを作る方法

LINE Creative Labでリッチメニュー・リッチメッセージを作る方法

LINE Creative Labでリッチメニュー・リッチメッセージを作る方法

LINE Creative Labは、LINEヤフー社が提供するクリエイティブ作成ツール。LINE広告やLINE公式アカウントで使用する画像や動画などを作成するために用いられます。

この記事では、LINE Creative Labを使って、LINE公式アカウントのリッチメニューリッチメッセージ画像を作成する方法をご紹介します。

効果的なリッチメニューやリッチメッセージを作成するデザインツールをお探しの方は、是非ご覧ください。

LINE Creative Labとは?

LINE Creative Labは、LINE広告やLINE公式アカウントで利用するクリエイティブ(画像や動画)を作成する無料のツールです。

デザイナーがいない場合や、運用担当者がクリエイティブ作成を行なっている場合でも、比較的容易に作成ができます。

今まで、リッチメニューやリッチメッセージの画像は、「事前に画像を用意する」もしくは「LINE公式アカウントで提供されているイメージメーカーで作成する」という方法がありましたが、新たにLINE Creative Labでの作成方法が加わりました。

イメージメーカーを利用して画像を作成する方法については、以下のそれぞれの記事を参考にしてください。

リッチメニュー:https://line-sm.com/blog/howtomakerich-menus/
リッチメッセージ:https://line-sm.com/blog/lineofficial_richmessage/

次から、LINE Creative Labで「リッチメニュー」「リッチメッセージ」それぞれの画像を作成する方法をご紹介していきます。

LINE Creative Labを始める

まず、LINE Creative Labに登録する必要があります。

公式サイト(https://creativelab.line.biz/)にアクセスし、「Creative Lab」を始めるをクリックします。その後は案内に沿って、LINE IDでのログインや利用規約、プライバシーポリシーへの同意を行います。

クリエイティブを作成するアカウントの選択画面が表示されるので、「LINE公式アカウント」を選択し、確認をクリックします。

アカウントを選択

アカウントを選択する

Adobe Expressを利用する

LINE Creative Labは、2024年2月にAdobe社が提供するコンテンツ制作アプリ「Adobe Express」との連携を開始したことで、多くのテンプレートや画像生成AIの利用が可能になりました。

LINE公式アカウントのリッチメニューやリッチメッセージを簡単に作成するには、このAdobe Expressを利用することになります。

Adobe Expressで作成する

Adobe Expressで作成する

「Adobe Expressで作成」ボタンをクリックすると、以下のメッセージが出てくるため、内容を確認して進めます。

内容を確認する

内容を確認して進む

LINE Creative Lab内で、「Adobe Expressで作成」という画面が表示されます。ここで、各機能で必要な画像を作成していきます。

Adobe Expressで作成する画面

Adobe Expressで作成する画面

LINE Creative Labでリッチメニューを作成する方法

リッチメニューを作成する場合は、2種類のサイズから選択します。

  1. 大(2500×1686)
  2. 小(2500×843)

今回は例として「大」を選択しました。

Adobe Expressの画面が開くので、基本となるテンプレートを選択します。

テンプレートを選択する

テンプレートを選択する

【注意】プレミアムテンプレートやプレミアム素材を利用する場合は、別途料金がかかります。

変更したい箇所をカスタマイズします。例えば、文字やデザイン素材などを好きなものに変更します。

テキストやデザイン素材を変更

テキストやデザイン素材を変更

カスタマイズが完了したら、画像をダウンロードして保存します。

【注意】

  • LINE公式アカウントの管理画面と連携しているわけではないので、画像を保存(ダウンロード)する必要があります。
  • 作成した画像をダウンロードするためには、Adobeの新規登録/ログインが必要です。

Adobeにログインしていない場合は、右上の「Creative Labに送信」をクリックすると、Adobeのサインイン/サインアップ(登録)のポップアップが出てくるため、ログインもしくは登録を行います。

ログインができたら、「Creative Labに送信」を再度クリックし、Creative Labへの保存とパソコンへのダウンロードを行います。

Creative Labに送信する

Creative Labに送信する

画像がダウンロードできたら、LINE公式アカウントのリッチメニュー機能で、画像をアップロードして設定します(この流れは他のデザインツールなどで画像を作った場合の手順と同様です)。

LINE Creative Labでリッチメッセージを作る方法

リッチメッセージの場合、選択できるサイズは、正方形(1040×1040)の1種類です。

リッチメッセージは1つのみ

リッチメッセージは1種類

まずはテンプレートを選択しましょう。初期状態ではいくつか選択肢が表示されているため、これらをクリックして候補を探すのも一つの手です。

テンプレートを検索する

テンプレートを検索する

基になるテンプレート画像を選んだら、細かな部分をカスタマイズしていきます。カスタマイズが完成したら、先ほど紹介した手順と同様に、Adobeのサインイン/サインアップを行い、Creative Labへの保存とパソコンへのダウンロードを行います。

画像がダウンロードできたら、LINE公式アカウントのリッチメッセージ機能で、画像をアップロードして設定します。

LINE Creative Labを使ってみた感想

LINE公式アカウントの「リッチメニュー」や「リッチメッセージ」の作成方法として、LINE Criative Lab(とAdobe Express)を利用してみました。

用途を選ぶことでサイズが自動的に指定され、リッチメニューやリッチメッセージに特化したテンプレートが選択できる点は使い勝手が良く、テンプレートの一部の文字や画像をカスタマイズして利用する場合にはおすすめです。

ただし、テンプレートやデザイン素材の中には、有料のものも多く含まれていたので注意が必要です。また画像素材の数は限られていたので、必要に応じて別途用意する必要があるかもしれません。

また、LINE Creative LabとAdobe Expressが連携しているといっても、両方のサービスに登録が必要だったり、一度画像をダウンロードしてきてLINE公式アカウント側でアップロードしないといけない部分は、他のデザインツールで画像を作成する場合と、労力の差異はないように感じました。

他のデザインツールを利用していない場合や、使い勝手の良いツールが見つかっていない場合は、試しに使ってみて、利用するかどうか検討してみると良いでしょう。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、LINE公式アカウントの機能拡張ツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

Linyの導入事例はこちら

Liny e-Bookダウンロード

-LINE公式アカウント
-,

  • この記事を書いた人

鈴木優

LINE運用アドバイザー・Webディレクター・ライター。 【LINE公式アカウントBasic認定資格】保持。 LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。当ブログで情報発信もしています。

みんなが注目

【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2022年版- 1
【法人・企業向け】LINE公式アカウントの使い方から運用方法まで完全解説-2023年版-

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 【無料オンラインセミナー】 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2
リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法を丁寧にお伝えします。この記事を読んで、リッチメニューの疑問を解消して下さい。 リッチメニューをうまく活用して、LINE公式 ...

LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介 3
【入門編】LINE公式アカウントとは?できること・仕組み・料金

LINE公式アカウントとは、企業や店舗が利用するビジネス用のLINEアカウント。友だちになったユーザーにメッセージやクーポンを配信することで、集客や販促につなげることができます。 この記事では、LIN ...