LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント基礎知識 LINE公式アカウント運用ノウハウ

LINE公式アカウントで効率よく集客するための方法とは?事例もご紹介

効率よく集客する方法と事例

この記事では、LINE公式アカウントの集客を効率的に行う方法をご紹介していきます。集客方法の事例もお伝えするので、是非自社の施策に活用下さい。

LINEが集客に効果的な理由とは

アクティブユーザー数の多さ

LINEは日本全国で使われている「コミュニケーション」アプリです。若い層に使われているアプリとしてのイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんが、今や若年層だけでなく、幅広い年代のユーザーが利用しており、多くの年代にリーチができるプラットフォームです。

さらに、LINEは国内でユーザー数がNo1のSNSであり、毎月LINEアプリを利用するユーザー数(月のアクティブユーザー数)は日本国内で8400万人以上となっており、日本の人口の約66%をカバーしています(*)。

月間アクティブユーザー

(* 2020年LINE社調べ https://www.linebiz.com/system/files/jp/download/LINE%20Business%20Guide_202007-12.pdf)

規模・業種・商材問わず活用しやすい

つまり、幅広い年代の方が広く利用しているLINEは、

  • 業種
  • 規模
  • 商材

を問わず、様々な会社のユーザーにリーチできるコミュニケーションツールです。

集客方法を考える際に「まずはLINEを活用してみよう!」と考えてもらうと良いでしょう。

注意:以下の条件に当てはまる場合はLINE公式アカウントの開設が出来ません

  • 出会い系
  • アダルト系
  • 連鎖販売取引
  • 人の不安・不幸などにつけ込んだ販売方法、違法とされる営業方法、科学的な根拠が乏しい商品等の販売

ユーザーとコミュニケーションが取りやすい

LINEはコミュニケーションツールとして作られたサービスなので、ユーザーとコミュニケーションを取るのに最適です。

メッセージの一斉配信はもちろんのこと、チャット機能や、アンケート機能など、多様なやり取りを行うことが出来ます。

メールであれば手間だと思うコミュニケーションも、LINEなら堅苦しさを感じることなくやり取り出来るのも魅力です。

LINEでの集客に「公式アカウント」は必須

LINEアカウントを企業や店舗が利用しようとした場合、通常のLINEアカウントではなく「LINE公式アカウント」を作成することになります。LINE公式アカウントは無料で開設すること出来ます。

LINE公式アカウントは集客に必要な機能が備わっている

LINE公式アカウントには、通常のLINEには無い「集客用の機能」が豊富に用意されています。

いくつか代表的な機能をご紹介します。

メッセージ配信

LINE公式アカウントの代表的な機能は「メッセージ配信」です。

LINE公式アカウントの友だちに、メッセージを一斉に配信することが出来ます。

メッセージの種類は、テキストだけではなく、スタンプやクーポン、画像や動画なども配信することが可能です。

視覚的に訴えやすいコンテンツを用いて、顧客体験を豊かにすることができます。

ステップ配信

メールを使ったマーケティングの分野では「ステップメール」が用いられることも多いですが、LINEにも「ステップ配信」という機能があります。

友だち追加をきっかけに、あらかじめ予定したメッセージを決められたタイミングで順案に配信することが出来ます。

ステップ配信の設定方法の参考記事はこちら▼

ステップ配信のメリットについての参考記事はこちら▼

チャット機能

LINE公式アカウントにも、LINEアプリのように、1:1で会話ができるチャット機能も備わっています。

LINE公式アカウントのチャット機能には、チャットの相手ごとに、タグを貼ったり、メモを追加することが出来ます。

◯タグ

あらかじめ用意されている「要対応」「対応済み」のタグがあったり、任意のタグを作成することも出来ます。

チャットのタグ機能

チャットをしている友だちに「要対応 「対応済み」のタグを付けられる。

◯ノート

ノート機能は、顧客の管理用の情報を記入することが出来ます。この情報は友だちからは見えません。顧客管理やサポート時などに役立つでしょう。

チャットのノート機能

ノートには、管理用の情報を追加出来る。友だちからは見えない。

 

例えば、チャット機能を利用して、予約を受け付けることも出来ます。

LINEで予約を取る方法については以下の記事が参考になります▼

リッチメニュー機能

リッチメニューは、トーク画面の最下部に固定表示される、メニュー画像です。

リッチメニューをタップすると、クーポンを確認したり、自社サイトに誘導することが出来ます。

LINE公式アカウントシネマデモアカウント

リッチメニューの活用方法は、以下の記事が参考になります▼

LINEを活用した集客の効果

「LINE公式アカウント」の開設数は300万件以上にものぼり、アカウントと友だちになったユーザーの半数近く*がクーポン利用やキャンペーン応募などの行動に繋がっています。

(*) 2019年1月時点 (LINE公式アカウントHPより)

LINE公式アカウントの作成方法や運用の方法については以下の記事を参考にして下さい。

LINE公式アカウントでの集客方法とは

LINEアカウントで集客を行うには2つのステップがあります。

2steps

友だちを増やさないことには、メッセージを届けることが出来ません。友だちを増やすステップが1つ目です。

次に、集めた友だちに対してアプローチを行い集客に繋げます。これがステップの2つ目です。

ステップ1. 公式アカウントの友だちを増やすための施策

「LINE公式アカウント」の友だちを増やすための施策をご紹介します。

登録時の特典を用意する

LINE公式アカウントの友だちになってもらうには、「友だちになりたい!」と思ってもらえるような魅力的なメリットを用意することが重要です。

例えば、友だち登録をしてくれた人には何らかの「特典」を用意すると良いでしょう。

よく利用されるのは、友だち登録をしてくれた方限定に「LINEのクーポン」を配布するという施策です。

LINE公式アカウントには「クーポン」を送れる機能があるため、友だち追加時に自動的にクーポンを送るようにすることで、「クーポンをもらえる」というメリットで、友だち登録に誘導することが出来ます。

他にも特典の例として、その場でLINEアカウントに友だち登録してくれたお客さまには、「ドリンク1杯サービス」や「お会計から5%割引!」というサービスを企画するのも効果的です。

Webサイト・店頭・SNSで告知する

魅力的な特典を用意しておいても、ユーザーに気づいてもらえなければ友だちにはなってもらえません。

  • LINE公式アカウントがあること
  • 友だち登録をすると特典がもらえること

を様々な方法でユーザーに知ってもらうことが重要です。

WebサイトでLINE公式アカウントを告知したり、店頭で呼びかけたり、SNSでお知らせすることが必要です。

例えば、TwitterでLINEアカウントの友だち登録に誘導する事例としては、以下のようなものがあります。

https://twitter.com/VOGUEgirlJAPAN/status/1334697684972625920?s=20

Twitterのリンクをクリックすると、LINE公式アカウントが開くような導線になっています。

また、店舗などお客様と直接会話ができる場所がある場合は、ぜひ直接お声かけしてみてください。

お客様が来店した時に、「LINE友だちに追加することでこんなメリットがありますよ!」と一声かけているかいないかで、友だち数の伸び率に大きな差ができます。

タイムライン投稿を利用する

LINE公式アカウントの「タイムライン」に投稿するのも一つの手でしょう。

タイムラインに流れてくる投稿には、ユーザーが「拡散」や「リアクション」をする仕組みがあります。

友だちになってくれているユーザーが拡散をすることで、友だちの友だちにLINE公式アカウントを見つけてもらうことが可能です。

例えば、以下のようなタイムラインから、シェアしてもらうことで、友だちになっていない人にもアカウントの存在を知らせることが出来ます。

「LINEクーポン」と「新型コロナ対策パーソナルサポート(行政)」の事例

タイムラインについての詳細は以下の記事も参照下さい。

認証済みアカウントになる

LINE公式アカウントには、誰でもすぐに開設できる「未認証アカウント」と、LINE社の審査を通過した「認証済みアカウント」があります。

「認証済みアカウント」はLINE社が規定する審査に合格したアカウントで、認証済みバッチの付与や、LINEアプリ内の検索結果に表示されるメリットがあります。

承認済み/未承認

引用:https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190726/

認証済みアカウントになることで、LINEアプリ内で検索した時に検索結果に表示され、興味を持ったユーザーが友だち登録してくれる可能性があります。

ステップ2. 友だちになったユーザーへのアプローチが重要

ここからは、友だちになったユーザーに対してアプローチをする方法をご紹介します。

このアプローチによって見込み客を顧客にし、顧客をリピーターにすることで、安定的な集客に繋げていきます。

見込み客を育てる

ユーザーとの定期的な接点をもつ

一般的に、人は接点を多く持つ対象に親近感を持ってくれる傾向にあるため、定期的にメッセージを配信して接触回数を重ねることが重要です。

2週間に1回など、自社のユーザーにとって適切な頻度を設定し、「一斉配信」を行ってメッセージを送るようにします。

メッセージは「ユーザーが受け取って嬉しいコンテンツ」にする必要があるので、どんな情報がユーザーに喜ばれるのかをしっかりと考えながら運用されると良いでしょう。

例えば、

  • クーポンの配信
  • 画像の配信
  • 動画の配信

など、受け取った時に読みたくなるようなコンテンツを用意することで、ユーザーの閲覧に繋げ、定期的な接点を持つことが出来ます。

ユーザーの細かい分析

更に、ユーザーにどのような人がいるのか調査することも重要です。

一方的にメッセージを送っているだけでは、ユーザーの興味関心から外れてしまい、メッセージの受け取りが煩わしくなってブロックに繋がってしまう可能性もあります。

友だち(ユーザー)にはどんな人がいて、どのような興味関心を持っているのかを分析した上で、効果的な配信に繋げましょう。

LINE公式アカウントの『分析』機能には、

  • 友だち増減(追加・ブロック)数
  • メッセージの配信数
  • チャットの送受信数
  • タイムライン投稿の閲覧数
  • クーポンやショップカードの利用状況

などの確認ができます。

ここで、使用頻度の高いクーポンを確認したり、友だち増減数を確認することで『ユーザー全体の動向』を知ることが可能です。

一方で、ユーザーごとの興味関心について把握する機能は用意されていません。細かな分析を行うためには、Linyのようなサポートツールの導入が必要になります。

セグメント配信を活用しよう

LINE公式アカウントのメッセージ配信には、

  • 一斉配信
  • 絞り込み配信

の2つがあります。絞り込み配信とは、ユーザーを属性に絞り込んで「セグメント配信」を行うということです。

セグメント配信機能を活用することで、セグメントの属性に基づいたメッセージの作り込みが可能になります。

セグメント配信の詳細な活用方法については以下のページでもご紹介しています。

ユーザーへのアプローチを効果的に行うなら

ユーザーへのアプローチで重要なのは「ユーザーひとりひとりに合わせた適切な配信」です。

LINE公式アカウントだけでは、

  • あらかじめ用意されているセグメントでしかグループ化することが出来ない
  • 顧客ひとりひとりの情報を集めて分析することが出来ない
  • 顧客ごとに最適なアプローチを行うことが出来ない

という課題が生じてしまいます。

この課題を解決するには、LINE公式アカウントの配信・運用・管理をサポートするツールが必要です。

当社のサポートツール『Liny』には、LINEの配信効果アップや効率的な運用に役立つ、3つの機能が用意されています。

是非『Liny』についても合わせてご確認下さい。

Liny3つの機能

LINE公式アカウントを利用している3,500社以上が
導入している「Liny」の詳細はコチラ

実際に公式アカウントで集客に成功した事例

チラシの約6倍の効果を発揮したクーポン活用の事例

試供品プレゼント企画で約10%の方が来店しクーポンを利用!購買に繋がりやすい配信で集客する

イオン事例

引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/aeon-yoshikawaminami/

「イオン吉川美南店」では、配信頻度に注意して来店プレゼントなどのクーポン配信や、お客さまに喜ばれるような企画を開催されています。

目立つ場所にポスターやリーフレットを設置し、お客様自らが友だち追加する動線を作り、クーポン機能や抽選機能を使って、リッチメッセージでコンテンツを配信。

効果のあった施策としては、

『友だち数が約4,000人の時に、試供品のプレゼント企画を行ったことがあります。その際の開封率は約25%(1,000人)で、約10%(約400)の方が実際に来店いただきました。発売前に試供品プレゼントを行うとお客さまの購買にもつながりやすいので、とても役立っています。』

とのこと。

お客さまに喜ばれる企画をLINEで定期的に配信することで、集客に繋げる事例です。

参照元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/aeon-yoshikawaminami/

 

クーポンを定期配信し安定的な集客につなげる動物病院

クーポンを毎月配信することで顧客との距離が近づく!急な空き予約もすぐに埋まる

LINEで急な空き状況を配信

引用元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/konishianimalclinic/?field_case_category_function_target_id=73&field_case_category_scale_target_id=36

ペットホテルやトリミングサービスなども行っている動物クリニックでは、メルマガを使った販促をLINEに切り替えました。クーポンの使用率は月平均で15%となり、約200−300人の飼い主さまがクーポンを利用しに来院されています。

LINE公式アカウントのクーポンを使うため、ペットの定期的なケア(爪切りなど)で来院される飼い主さまが増え、飼い主さまとの距離感を近づけることができたのも大きな効果となっているようです。

更にLINE公式アカウントの告知により、急なキャンセル枠もすぐに埋まるようになったとのこと。

定期配信と緊急度の高い配信の両方を活用し、集客に繋げられています。

参照元:https://www.linebiz.com/jp/case-study/konishianimalclinic/?field_case_category_function_target_id=73&field_case_category_scale_target_id=36

まとめ

この記事では、LINE公式アカウントを活用した効果的な集客方法についてご紹介しました。

『LINE公式アカウントを作成』し、『友だちを集め』、『友だちにアプローチ』することで、集客に繋がっていきます。

是非参考にしていただき、自社の効果的な集客施策にお役立て下さい。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

3

この記事では、日常的に利用されているコミュニケーションツールの「LINEアプリ」の使い方から、ビジネス用途の「LINE公式アカウント(旧LINE@)」の活用事例までご紹介していきます。 公式アカウント ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント基礎知識, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-

© 2021 LINEマーケティング活用ブログ