LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント基礎知識 LINE公式アカウント運用ノウハウ

LINEビジネス用アカウントの作成方法【企業・店舗・法人向け】

LINEビジネス用アカウント

LINEを使った集客やマーケティングを行う場合、ビジネス用のLINEアカウントが必要です。

この記事では、LINEビジネス用のアカウントの作成方法をお伝えするとともに、料金プランやログイン方法などもご紹介していきます。

ビジネス用のLINEアカウントとは?

複数の種類があったビジネスアカウント

ビジネスで利用出来るLINEのサービスには、5つの種類がありました。

  • 機能が制限されているが低価格の「LINE@」
  • 機能が豊富な「LINE公式アカウント」
  • お問合せ対応に適した「LINEカスタマーコネクトアカウント」
  • LINEスタンプなどが利用できる「LINEビジネスコネクト」
  • ほぼすべての機能が無制限で利用できる「API型公式アカウント」

自社が活用する時に、どのプランを利用すればいいんだろう?と悩むケースも有りましたが、2019年にこの5つのサービスが「LINE公式アカウント」に一本化されました。

一本化

引用:https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20181218-01/

ビジネス用は「LINE公式アカウント」のみ!

現在、LINEが提供しているビジネスアカウントは、「LINE公式アカウント」のみになっています。

機能や料金も一新され、どの料金プランであっても、全ての機能が使えるようになりました!

特に、中小企業や店舗にとっては、使いやすい価格帯でマーケティング機能が豊富に搭載されたLINE公式アカウントが利用できる、という嬉しい状況になっています。

すでに、LINE公式アカウントの開設数は300万件以上にものぼり、多くの企業がマーケティングや集客ツールとしてLINEを利用しています。

料金プランについて

LINE公式アカウントには3つのプランがあります。

  1. フリープラン:無料
  2. ライトプラン:5,000円
  3. スタンダードプラン:15,000円

どのプランでも、同じ機能を用いることができますが、「毎月無料で配信できるメッセージ通数」と「追加メッセージの料金」が異なります

「フリープラン」からスタートし、送信するメッセージの通数にわせてプランを変更すると良いでしょう。

料金プラン

引用元:https://www.linebiz.com/jp/entry/

(*) 詳細はこちらから確認ください:スタンダードプラン追加メッセージ料金テーブル

料金についての詳細は、以下のページも参考にしてください。

LINE公式アカウントの作成方法

次に、LINE公式アカウントの作成方法についてご紹介します。

管理画面にアクセス

まずはLINE公式アカウントの公式サイトにアクセスしてください。

公式サイト:https://www.linebiz.com/jp/entry/

この画面では、

  • 認証済みアカウントの開設
  • 未認証アカウントの開設

のどちらかを選ぶことになります。

「認証済みアカウント」はLINE社が規定する審査に合格したアカウントで、認証済みバッチの付与や、LINEアプリ内の検索結果に表示されるメリットがあります。

「未認証アカウント」は審査が行われないアカウントで、認証バッチの付与やLINEアプリ内検索は利用できませんが、個人や法人を問わず取得ができるという特徴があります。

店舗や企業としてLINE公式アカウントを運用していきたい場合は、認証済みアカウントの開設をおすすめします。どちらかを選択して次の画面に進んでください。

LINE Business IDの作成

LINE公式アカウントを作成するためには「LINEビジネスID」を作る必要があります。

以下の画面に切り替わるので、こちらでIDを作成していきましょう。新規で作成する場合は「アカウントを作成」をクリックしてください。

LINEビジネスIDを開設

LINEビジネスIDの作成には、

  • 個人が普段利用しているLINEアカウントを用いる
  • メールアドレスを用いる

という選択肢があります。どちらを利用しても問題ありませんが、ビジネス用で利用する場合は、個人のLINEアカウントと紐付けしたくない場合があるため、会社のメールアドレスを用いらることが多いでしょう。

アカウント作成画面で必要な情報を入力し、アカウントを作成します。

LINE Official Manager(管理画面)にログイン

アカウントが作成できたら、LINE Business IDのログイン画面から、ログインします。(ログイン画面がわからなくなった方は、https://www.linebiz.com/jp/entry/ ←こちらのページ内の「アカウントの開設」から遷移することができます。)

メールでLINEビジネスIDを作成した場合は、「ビジネスアカウントでログイン」を選びましょう。

ログイン

ログインできたら、アカウント情報を設定していきます。アカウント名、業種などの必要項目を設定し、最後に確認ボタンを押します。

未認証アカウントの作成画面

未認証アカウントの作成画面。 認証済みアカウントを選択した場合は、「店舗・施設情報」「会社情報」の入力項目が増えます。

これで作成が完了しました!

不明点が出てきた方は、詳細の説明が以下のページにありますので、こちらも合わせてご確認ください。

機能や運用方法のご紹介

LINE公式アカウントには、通常のLINEには無い「集客用の機能」が豊富に用意されています。

一例として以下の機能があります。

  • メッセージ配信:友だちに一斉にメッセージ配信出来る機能
  • 自動応答メッセージ:友だちに自動で返信が出来る機能
  • クーポン/抽選:LINEでクーポンや抽選を作成/配信できる機能
  • ショップカード:LINE内にデジタルショップカードを作成できる機能

更に詳しい機能や運用方法については、以下の記事で詳細に説明していますので、合わせてご確認ください。

まとめ

LINEのビジネス用アカウントは、「LINE公式アカウント」に統合されました。開設も運用も無料から始めることが出来ます。

これから始めるという方も、今からでも遅くはありませんので、是非運用を始めてみてください!

LINE公式アカウントの活用方法は、無料で実施している【毎週水曜日開催!】LINE公式アカウント活用セミナーでご紹介しています。これから活用していく方は、こちらのセミナーにもご参加ください。最新の事例や運用方法を学ぶことが出来ます。

 

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

リッチメニュー作り方 2

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。 また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 今日からリッチメニューを設定して、LINE公式 ...

LINE公式アカウントで個別にメッセージを返信する方法 3

この記事では、LINE公式アカウントを利用して、友だちに個別にメッセージを返信する方法をご紹介します。 LINE公式アカウントのおさらい LINE公式アカウントについて LINE公式アカウント(旧:L ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント基礎知識, LINE公式アカウント運用ノウハウ

© 2021 LINEマーケティング活用ブログ