Liny Liny活用テクニック 業界別事例

美容室のLINE公式アカウントで顧客管理とセグメント配信を行う方法【Liny活用】

美容室のLINE公式アカウントで顧客管理とセグメント配信を行う方法【Liny活用】

美容室のLINE公式アカウントで顧客管理とセグメント配信を行う方法【Liny活用】

美容室では、LINE公式アカウントを活用して集客を行なわれている店舗も多いでしょう。しかし、LINE公式アカウントのみでは、顧客管理やセグメント配信(絞り込み配信)が不十分、という課題があります。

この記事では、LINEのマーケティングツール「Liny」を用いて、美容室のLINE公式アカウントで、顧客管理とセグメント配信の両方を実現する方法をご紹介します。

美容室でLINE公式アカウントを活用するメリット

LINE公式アカウントは、友だちになっている方に一斉にメッセージを送ることができたり、ユーザーとチャットで気軽にコミュニケーションが取れるサービスです。美容室やヘアサロンでも活用事例が増えてきています。その理由には、次のようなメリットがあげられます。

  • LINEで配信する情報は見てもらいやすい
  • 予約に繋げやすい
  • お客さま情報が蓄積できる
  • お客さまにあった情報を配信できる

詳しくは以下の記事をご覧ください。

美容室でLINE公式アカウントを運用する場合の課題

知っておきたいポイント

一方で、美容室でLINE公式アカウントを利用している場合、以下のような課題があります。

課題1. 友だち一人一人を管理できない

LINE公式アカウントでは、友だち追加してくれた人、一人一人を管理することはできません。チャットをしたことがある友だちの情報は表示されますが、チャットをしていない友だちを確認したり、情報を蓄積する機能はありません

また、チャットをしたことがある友だちの情報は、手動で「タグ」を付けるか「メモ」を残すかという運用になります。自動で顧客情報を収集して、それを蓄積・管理するということはできません。

課題2. セグメント配信(絞り込み配信)が自由にできない

LINE公式アカウントでは、メッセージを配信する際に絞り込み配信を行うことができます。絞り込み配信の方法には、「属性」と「オーディエンス」の2つの方法が利用できます。

属性について

属性には、「友だち期間」「性別」「年齢」「OS」「エリア」の5種類があります。LINE公式アカウントが、LINEユーザーのスタンプや追加しているLINE公式アカウントなどからそれぞれの属性を推定し、自動的に振り分けを行います。

オーディエンスについて

オーディエンスには、「ユーザーIDのアップロード」「クリックリターゲティング」「インプレッションリターゲティング」「チャットタグオーディエンス」「追加経路オーディエンス」「ウェブトラフィックオーディエンス」の6種類があります。これらを用いて、配信先を絞り込むことができます。

これらの方法で絞り込み配信を行うことはできますが、あらかじめLINE公式アカウントが用意している方法での絞り込み配信になり、こちらが設定したいセグメント(グループ)に対して、自由にセグメント配信を行うことはできません

セグメント配信については、以下の記事もご覧ください。

課題3. LINE公式アカウントには予約機能がない

LINE公式アカウントには「予約機能」はありません。LINE公式アカウントから予約を行うとなると以下の3つの方法が考えられます。

  1. チャットで予約日時のやり取りを行い予約を完了させる
  2. 別の予約システムに誘導してそちらで予約を取る
  3. LINEから店舗に電話してもらい予約を取る

チャットで予約を行う場合は、日時をやり取りする手間が増えます。別の予約システムに誘導する場合は、LINEの友だち情報と予約情報が紐きません。LINEから店舗に電話してもらう場合は、電話に出なければいけなくなるため、接客を中断したりスタッフの対応コストが掛かってしまいます。

LINE公式アカウントの運用課題を解決するLinyとは?

このようなLINE公式アカウントの運用課題を解決するための機能を提供しているのが、Liny(リニー)です。

Linyについて

Linyは、LINE公式アカウントのサポートツールです。LINE公式アカウントとLinyを併用することで、LINE公式アカウントには無い「LINEマーケティングに重要な機能」を活用することができます。

Linyの3つのポイント

Linyの3つのポイント

Linyの詳細はこちら

美容院で活用する際におすすめの、Linyの機能を3つご紹介します。

機能①顧客管理画面

友だち情報

Linyには、全ての友だち一人一人に、顧客管理画面が用意されています。項目を自由に設定し、情報を蓄積することが可能です。顧客情報は手動で入力することもできますが、友だちにアンケートに回答してもらうなど、友だちが入力した情報や、友だちのアクションを自動で保存して蓄積することができます

例えば、初回来店のお客様に回答いただくアンケートを、LINE公式アカウントから入力してもらうようにします。アンケートへの回答情報は、自動的にLinyに保存されます。

別途、お客様情報をエクセルや顧客管理システムに入力する必要はなく、Linyで自動的に顧客情報を管理することが可能です。もちろん、蓄積した顧客情報は、今後のセグメント配信に活用することができます。

LINEの友だちの情報を、顧客情報として蓄積できるのが、Linyの特徴の1つです。

機能②セグメント配信

保存した友だちの情報をもとに、セグメント配信を行うことができます。

例えば、以下のようなセグメント配信が可能です。

  • 自分が担当しているお客さまに絞ってメッセージを配信する
  • 誕生月の方にのみ、誕生日クーポンを配信する
  • 3ヶ月前に来店した方に、割引クーポンを配信する
  • リピート客のみに、友だち紹介キャンペーンのメッセージを配信する

セグメント配信をすることで、メッセージ通数の削減になりますし、配信すべき方のみにメッセージが届くため、顧客の満足度の向上にもつながります。

機能③予約機能

Linyには予約機能もあります。

Linyの予約機能を使うと、以下のメリットがあります。

  • ユーザーは予約の空き状況をLINEで確認できる。
  • 予約の受付や管理が自動化できる。
  • 予約のリマインドメッセージがLINEで自動的に送られる。
  • 予約情報をユーザー情報と紐付けて管理/蓄積できる。
  • 予約情報を活用して、ユーザーにメッセージを送れる。
予約画面

予約画面

Linyの予約画面

予約の管理画面

美容室でLinyの予約機能を活用する方法については、以下の記事も参考にしてください。

Linyを用いたLINE公式アカウントの運用例

例えば、Linyを用いてLINE公式アカウントを以下のように運用することができます。

Linyを活用した美容室の例

ポイント

  1. 来店時に友だち追加してもらうことで、LINE公式アカウントの友だちを増やす。さらにアンケートに回答してもらうことで、顧客情報を自動で収集する。
  2. お会計時にQRコードを読み込んでもらい、「来店ポイント」を貯めてもらう。その際、「来店月」を自動で付与する設定にすることで、どの顧客がいつ来店したのかも自動で取得できる。
  3. 定期配信として、各美容師が自分の顧客宛にコラムを配信することで、関係性を深め、リピートにつながるようにする。
  4. 「来店月」で絞り込み、再来店してほしい3ヶ月後などにセグメント配信を行うことで、予約につなげる。
  5. 予約はLinyの予約システムを用いることで、予約管理を自動化する。
  6. 予約された内容は、Linyの予約管理画面から確認する。

このように、Linyを併用することで、LINE公式アカウントの友だちの「顧客管理・セグメント配信・予約管理」を一貫して実現することができます。

まとめ

美容室では、LINE公式アカウントで集客を行なわれている場合も増えてきましたが、LINE公式アカウントだけでは、顧客管理やセグメント配信が十分に行えないという課題があります。

Linyを活用することで、それらの課題を解決し、より効果的で効率的な集客方法の実現が可能です。是非一度、Linyをお試しいただき、使いやすさを実感してください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する
LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業3,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

顧客とのやりとりの中で、好みの属性を自動で収集・管理することができ、
集めた顧客情報をもとに、一人ひとりの嗜好に合わせた情報だけを配信できるので
反応率・売上のUPにつながり、運用負担も軽減します。

詳しくはこちら

Liny e-Bookダウンロード

-Liny, Liny活用テクニック, 業界別事例
-,

  • この記事を書いた人

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

1
【法人・企業向け】LINE公式アカウントの作り方から運用方法まで完全解説-2022年版-

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントとは ...

リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説 2
リッチメニュー画像の作り方から設定方法まで徹底解説

この記事では、LINE公式アカウントのリッチメニュー画像の作成方法や設定方法をお伝えします。また、参考になるリッチメニューの事例もご紹介していきます。 リッチメニューを設定して、LINE公式アカウント ...

LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介 3
LINE公式アカウントとは?仕組みや機能、料金プランについて紹介

「LINE公式アカウント」とは、企業や店舗用のLINEアカウントです。友だちになったユーザーへ、メッセージやクーポンを配信し、コミュニケ~ションを円滑に取るためのサービスです。 この記事では、LINE ...