LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント運用ノウハウ LINE活用サポートツールLiny

【お悩み解決】LINE公式アカウントの予約対応の手間を省きたい!

予約対応

LINEで予約を受け付けていると、「予約対応の手間がかかる」「チャットへの返信が大変」という方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、LINEの予約対応を効率的に行う方法についてご紹介します。

LINE公式アカウントで予約を取る方法については、以下の記事を参考にして下さい。

LINEを利用した予約の運用上の困りごと

LINE公式アカウントを使った予約の方法には

  • LINEのチャットで予約を受ける
  • LINEから予約システム/予約フォームに誘導する
  • LINE内に電話番号を掲載し電話で予約を受ける

などがあります。

ここでは、LINEのチャットで予約を受ける場合の、運用上の問題点について見ていきましょう。

手が空いているタイミングで予約をチェック!しかしタイムラグがある...

電話での予約に対してLINEで予約を受ける場合のメリットは、忙しい時間に対応せず、手が空いたタイミングで予約を確認することが出来ることです。

一方で、手が空いたタイミングで受け付けるために、返答まで時間がかかったり、すぐに予約枠を抑えられない、というユーザー側のデメリットがあります。

チャットの返信に手間がかかる

予約の返信を行うことでユーザーとのコミュニケーションが生まれ、お店と顧客との関係が親密になる一方で、お一人お一人に手動で回答する事になり、対応する時間や労力がかかってきます。

問題なく対応できる範囲なら良いですが、件数が増えてくると予約対応に手間を取られてしまう、対応にミスが生まれてしまう、などの課題が発生することも考えられます。

予約を取るツールが増えてしまい運用が煩雑になった

今までの予約方法に加えて、LINEでも予約を受け付けることで、予約対応の手段が増えてしまって対応が煩雑になって困る。という悩みも発生するかもしれません。

LINEの予約の仕組みを使うことでユーザーの利便性は高まっても、運用コストがかさんでしまうという問題が考えられます。

【予約の自動化】で対応の手間を減らす

LINEで予約をするという利便性はそのままにして、どのようにこれらの課題をクリアすればよいでしょうか?

LINE公式アカウントの拡張ツールである「Liny(リニー)」では、LINE公式アカウントで予約対応が自動化できる「予約管理」の仕組みを実現しました。

この仕組を利用すると、

  • Linyの管理画面で予約管理の仕組みを作ることが出来る
  • ユーザーはLINE公式アカウントから予約をすることが出来、その場で枠を押さえられる
  • 予約申し込みへの対応は自動で行われるため、個別対応は不要

となり、運用の仕方や予約枠の数によっては、Linyの予約システムに一本化することも可能です。

具体的にどのように利用できるのか例を見ていきましょう。

イベントの集客用として利用する

例えば、イベントの予約を受け付けたい時に利用することが出来ます。

事前にLinyで予約枠を作成し、友だちに予約フォームのリンクを配信します。

予約リンクの送付

Linyで事前に予約フォームを作り、そのURLをメッセージとともに友だちに送信する。

友だちがURLをタップすると、「予約システム」画面が開きます。

予約フォーム

URLをタップすると予約システムが表示される 
【予約内容入力画面へ】をタップ → 日時を選択リストが表示 →  カレンダー表示も可能

日程を選択し、予約数と氏名を入力することで予約が可能です。

予約数と氏名の入力

予約数と氏名を入力して確認画面へをタップ

予約が完了した後は、同じ予約フォームのURLをタップすることで「予約履歴」も確認することが出来ます。「予約内容変更」や「キャンセル」も可能です。

予約履歴

予約履歴を確認出来る。予約内容の変更やキャンセルも可能

定員数いっぱいになると、予約枠が非表示になります。

予約枠が埋まる

定員まで埋まると予約は取れなくなる

LINE公式アカウントの運営側は、受け付けた予約をLiny上で確認出来ます。

Liny予約確認

サロンや店舗の予約受付用として利用する

個人で運営されているサロンや店舗の予約用としても活用することが出来ます。(事前に予約できる枠を用意しておく必要があります。予約枠は1つのURL(予約フォームに付き)最大60までなのでご注意下さい。)

事前にLinyで予約枠を作成し、友だちに予約のリンクを配信します。友だちがリンクをタップすると以下の予約フォームが表示されます。

予約フォーム2

リストとカレンダー形式で、予約枠を確認することが出来る。

予約したい枠を選択し必要事項を入力して、内容に問題がなければ「送信」をタップします。これで予約が取れました。

予約の取得

必要事項を入力。予約内容を確認して「送信」をタップすると予約が取れる。

 

定員を1名に設定した場合は、お一人予約をとった時点で予約枠が非表示になります。

予約が完了した後は、同じ予約フォームのURLをタップすることで「予約履歴」も確認することが出来ます。「予約内容変更」や「キャンセル」も可能です。

予約履歴

予約履歴の確認

◆予約の数日前に、リマインドメッセージの送信もできます◆

予約管理機能には、オプションの設定が可能です。オプション設定の一つに「リマインドメッセージ」の配信機能があります。

予約枠の数日前に、「○日前になりました」というメッセージを送ることが出来、予約忘れ防止につながります。

まとめ

LINE公式アカウントのチャットを利用して予約の対応をしていると、運用コストがかかってしまうことも少なくありません。

予約の件数が増えてきたら、LINE公式アカウントの拡張ツール「Liny」を導入し、対応の手間を減らして利便性を向上させる予約の仕組みを作ってみてはいかがでしょうか。

LINE公式アカウントを更に効率的に利用したい方へ

Linyには、予約管理機能以外にも、

  • リッチメニューの切り替え機能
  • セグメント配信機能
  • アンケートへの回答フォーム機能

など多様な機能があります。

LINE公式アカウントでを更に効率的・効果的に運用したい方は、是非Linyの導入もご検討ください。

また、LINE公式アカウントの活用方法は、無料で実施している【毎週水曜日開催!】LINE公式アカウント活用セミナーでご紹介しています。こちらのセミナーも是非ご参加ください。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar

鈴木優

Webディレクター・LINE運用アドバイザー・ライター。LINE&Linyを利用した新規ビジネスの立ち上げに関わった経験を経て、現在はLINE&Liny運用アドバイザーとして導入・運用サポートを行う。ときおりブログで情報発信もしています。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント運用ノウハウ, LINE活用サポートツールLiny
-

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ