LINE公式アカウント使い方 LINE公式アカウント運用ノウハウ

LINE公式アカウント(LINE@)とDMを使ったダイレクトマーケティング戦略

DMLINE戦略

LINE公式アカウントはDM(ダイレクトメール)とも相性が抜群です。

今回はリニープレミアムプランで使える、「流入経路分析」の機能を使って、LINE公式アカウントとDMを組み合わせたマーケティング施策についてご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • DMの反応を高めたい
  • DMからLINEへ誘導して購入率を高めたい
  • DMでユーザー属性に合わせたLINE配信をしたい

という場合はこの戦略がとても役立ちます。

リニーの流入経路分析とは?

リニーの流入経路分析

まず最初にリニーの流入経路分析についてご説明いたします。

この機能を使うことで、「友だち追加場所の特定」「友だち追加場所に合わせた配信メッセージ配信」を実現することができます。

流入経路分析では

①QRコード

②友だち追加リンク

を独自に生成することができます。

友だちの追加方法も通常のLINE公式アカウントと変わらない

友だちの追加方法も通常のLINE公式アカウントと変わりません。

DMとLINE公式アカウントとの相性

DMとLINE公式アカウントとの相性

次にDMとLINE公式アカウントとの相性についてご説明します。

メールの到達率に比べてDMメールは高い開封率を誇ります。

DMは印刷と配送コストがかかるため、その変わりにLINE公式アカウントを活用する企業も少なくありません。

しかし、DMでなければアプローチができないユーザーが一定数いるのも事実です。

ただし、DMだと顧客の囲い込みや後追い連絡ができないというデメリットもあるため、LINE公式アカウントを組み合わせることで相乗効果を得ることができます。

DM×LINE公式アカウントを組み合わせた具体的な戦略

DM×LINE公式アカウントを組み合わせた具体的な戦略

マーケティング施策を行う手順としては

①DMにLINE友だちQRコードを貼り付ける

②友だち追加をすることで得られるオファー(メリット)を強調する

③LINE内でクーポンや商品購入(または来店)を促す

というプロセスです。

特に、「②友だち追加をすることで得られるオファー(メリット)を強調する」は友だちを集めるために超重要な要素です。

・なぜ?LINEに登録しなければいけないのか

・LINEに登録するメリットは何なのか?

・それ(オファー)はユーザーにとって魅力的なのか?

を追求しなければ、DMが届いてもLINEに友だち追加されずにゴミ箱へ直行が確定します。

オファーはユーザーにとって

  1. わかりやすく目立っている
  2. 魅力的
  3. 抵抗ができないほど有益

なようにDMへデザインしましょう。

簡潔明瞭で強力なキャッチコピーで訴求するのも登録率を高めます。

DMを送ってもLINEの登録率が悪い場合、オファーの見直しから考えると効果的です。

これらの手順は通常のLINE公式アカウントでも可能ですが、より運用の効果を高めるのであれば、

・どのDMで友だち追加されたのか?を計測

・DMの種類に応じて配信内容を変える

ということを徹底したほうが、状況を詳細に把握ができ、またユーザー側にとっても自分にあったパーソナルなLINE配信ができるため有益な情報を受け取りやすくなります。

例えば


・女性向けのDMを送るならば、女性向けのLINE配信
・男性向けのDMを送るならば、男性向けのLINE配信

というように、DMの種類に合わせてLINEの配信内容を変えます。

これは「流入経路分析」と「友だち追加時のメッセージ」を組み合わせることで実現できます。

LINE内でアンケートを使ってセグメント情報を取得したい

LINE公式アカウント アンケート

またDMからLINEに入った段階でユーザー属性をセグメントしたい場合は

友だち追加時のメッセージで回答フォーム(アンケート)を送信し、アンケート内でユーザーのセグメント情報を取ります。

そして、アンケートに回答した人だけにクーポンを送ることで、その情報をもとに、今後セグメント配信やステップ配信を行うことができます。

この方法はDMのみならず、複数の広告媒体で、複数のランディングページを出稿されている…という方の場合でも特に効果を発揮いたします。

まとめ

今回はDMとLINE公式アカウントを組み合わせたマーケティング施策についてお伝えしました。

DMとLINEを組み合わせている企業は増えてきましたが、流入経路を計測し、セグメント化された情報をユーザーに送信している企業は皆無です。

先陣を切って、こういった手法を取り入れることで、先行者利益的なメリットを得ることができるため、このマーケティング施策に興味がある!試してみたい!という方は今すぐLINEからご連絡ください。

担当者が具体的なプランをご説明致します。

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
marketk

近藤 剛

WEBマーケター/マーケティングライター LINE@の機能をより便利にする、顧客管理システム「LINEセールスマネージャーリニー」の営業やマーケティング戦略を担当。企業に導入のサポートやアドバイスを行っている。 WEB販促ブログも運営中。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント使い方, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-, , , ,

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ