LINEセグメント配信・顧客管理・販促ツールでCV率を3倍にし生産性アップする方法

LINEセグメント配信・顧客管理・販促ツールでCV率を3倍にし生産性アップする方法

LINE@ LINE@活用法 運用ノウハウ

LINE@のメッセージ配信通数を確認する方法

投稿日:

rawpixel / Pixabay

LINE@が配信通数に応じた従量課金制に!?

2019年の春からLINE@が新料金プランに変わり
基本料金に加えて、配信通数に応じた従量課金が発生します。

LINE@のサービス統合の紹介ページ|LINE for Business

これまで、有料プランでは何通配信しても、基本料金のまま利用ができましたが、今後は配信数に応じて利用料金が変わってくるので、配信通数が気になる方も多いと思います。

今回は「LINE@の配信通数を確認する方法」についてお伝えします。

現状、運用しているアカウントが毎月どのぐらいメッセージ配信をしているのか?配信通数を知ることで取れる対策もあると思います。

LINE@の配信通数を知りたいという方は参考にされてみてください。

LINE@の配信通数を調べる方法

下記の手順で配信通数を確認することができます。

  1. LINEマネージャーへアクセス
  2. 左メニューアカウント設定の中にある「Messaging API設定」をクリック
  3. ページの1番下にある「LINE Developersで設定する」をクリック(緑色のボタン)
  4. LINE Developersページにある「統計情報」をクリック

手順1:LINEマネージャーへアクセス

LINE@マネージャーの画面

LINE@の管理画面である「LINE@マネージャー」にアクセスします。

手順2:左メニューにあるアカウント設定の中にある「Messaging API設定」をクリック

アカウント設定の項目の中に「Messaging API設定」の項目があります

手順3:ページの1番下にある「LINE Developersで設定する」をクリック(緑色のボタン)

緑のボタンをクリックします

手順4:LINE Developersページにある「統計情報」をクリック

LINE Developersのアカウントページにある「統計情報」タブをクリック

ページを下にスクロールすると配信通数が確認できます

まとめ

いかがでしたか?

今回は「LINE@の配信通数を調べる方法」についてご紹介しました。

これまで有料プランではメッセージ配信数を気にせずに運用ができましたが、来年からは従量課金制になるので、配信数を気にしながら適切に運用していかなければ思わぬコストを負担することになりかねません。

現状の配信数を確認し、来年のプラン変更でどのような影響があるのかしっかり把握しておきましょう。

LINE@の新料金プランについては、下記の記事でも詳しく解説しています。

LINE@の新料金プラン改定と従量課金の対策について

  • この記事を書いた人
marketk

近藤 剛

WEBマーケター/マーケティングライター LINE@の機能をより便利にする、顧客管理システム「LINEセールスマネージャーリニー」の営業やマーケティング戦略を担当。企業に導入のサポートやアドバイスを行っている。 WEB販促ブログも運営中。

みんなが注目

4,858view

LINE@経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE@を運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザーがLINE@からリンク先 ...

1,950view

LINE@を使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募集しておりま ...

-LINE@, LINE@活用法, 運用ノウハウ
-

Copyright© LINEセグメント配信・顧客管理・販促ツールでCV率を3倍にし生産性アップする方法 , 2019 All Rights Reserved.