Linyの機能紹介

運用管理者のための便利機能

管理、配信・アプローチ、分析がLinyの基本機能ですが、その他にもLINE公式アカウントを運用していく上で、便利な機能がLinyには備わっています。
CSVで情報を書き出したり、スプレッドシートと連携できたりなど、運用管理者のための機能をここではご紹介します。

便利機能一覧

CSVレポート排出

友だち名、タグ、友だち情報…など、リニー内に獲得したデータをCSV形式で排出できる機能です。
また、外部DBのCSVを取り込むこともでき、簡易的なデータベース連携を行うことができます。
DB連携をするためには①リニー内の顧客情報 ②連携したいDB情報 ①と②に「共通する情報」をそれぞれに持っている必要があります。
その共通する情報同士をCSVで照らし合わせて、連携する仕組みだからです。

  • 運用データを簡単に排出可能
  • 顧客情報もCSVで吐き出せるから安心
  • DB連携を行っての配信もできる
CSVレポート排出

スプレッドシート連携

回答フォームの回答内容を、Googleのスプレッドシートに蓄積することが出来る機能です。
Googleアカウントが有りスプレッドシートが利用できる方は、回答フォームとスプレッドシートを連携しておくことにより、自動的に回答内容をスプレッドシートで管理することが出来ます。
回答フォームの内容をスプレッドシートで運用出来るため、情報をソートしたりグラフ化して分析する場合にも役立ちます。

  • 回答内容の分析がしやすくなる
  • レポーティングやグラフ作成もスピーディーに対応出来る
スプレッドシート連携

テンプレート機能

メッセージやカルーセルなどの配信コンテンツを、テンプレートとして登録する機能です。
毎回異なるメッセージを作っていては、質のばらつきがあったり、誤字や脱字のメッセージに繋がってしまうことも... 反応率が高いメッセージの雛形を作ってテンプレートとして登録しておくことで、質の高いメッセージの雛形をいつでも呼び出して使い回すことができます。
テンプレートとして呼び出した雛形は、編集して送信することももちろん可能。毎回メッセージを一から考える手間を省くことができます。

  • メッセージをテンプレート化して使い回しが可能
  • 一からメッセージを考える時間や手間を省ける
  • 配信内容の均一化でミスの減少にもつながる
テンプレート機能

Linyを使ってビジネスの課題を解決しませんか?

Linyを使った集客・販促・顧客管理についてお気軽にご相談ください。