Liny リニーなら大学・短大・専門学校に関わる全ての人と LINE公式アカウントひとつで コミュニケーションを実現

  • 生徒向けの
    情報発信
  • 迅速・確実な
    連絡網
  • イベント
    集客
Linyを使ったLINE公式アカウントのスマートフォンでの画面
導入のご相談はこちら
Linyを使ったLINE公式アカウントのスマートフォンでの画面

こんな課題はありませんか?

仕事が大変で疲れている学校・教育関係の仕事をしている女性

Linyを使えばLINE公式アカウントで そんな課題を解決できます

LinyはLINE Technology Partnerである
ソーシャルデータバンク株式会社が開発している、
LINE公式アカウントの機能を拡張し、CRMやMAを実現するツールです。

LINEがあらゆる情報のハブに

必要な情報に簡単にアクセスできるようになります

  • 生徒だけが閲覧できるリッチメニューや配信を設定可能
  • リッチメニューで学校情報に簡単にアクセス
  • 緊急の連絡網は一斉送信で。LINEだから迅速・確実
  • よくある質問は自動応答で回答
  • 個別の相談にはチャットで対応
LINEで通っている学校の情報を確認している女性
LINEで連絡をとっている先生のスマートフォン

BOTだけでなく
チャット対応も可能

連絡網や連絡帳、電話より確実に効率よく連絡が取れます

  • LINEなら送る側の心理的負担も軽減
  • 遅刻や欠席などのデータも簡単に管理

イベントPRから
参加者管理まで完結

入学希望者への継続したフォローアップが簡単にできます

  • 過去にイベント等に参加した履歴がある人だけに配信が可能
  • イベント参加者には事前の申し込み受付で確実に情報を収集
  • 入学希望者専用のリッチメニューで問い合わせや資料請求がしやすくなる
  • 資料はPDFを自動返信することで対応コストを軽減
オープンキャンパス
Linyで学生情報の管理が楽になり仕事が捗っている女性

学生情報の管理コストを
大幅に削減

LINEで取得した情報は全て自動で記録・整理されます

  • LINEでのやりとりや反応の記録は勿論、回答フォームの結果などあらゆる情報を蓄積
  • 各学生の情報詳細を簡単に確認できる
  • 自分でタグ付けなどでセグメントすることも可能

まずは気軽にご相談から

専任の担当者が現状の課題をヒアリングし、
LINE公式アカウントの効果的な使い方をご提案いたします。

導入のご相談はこちら

教育機関での利用に最適な Linyの特徴

ひとつのLINEアカウントで
セグメントごとに
適切な情報を配信可能

生徒・入学希望者・保護者などのセグメント分けや配信が簡単にでき、アカウントをいくつも作る必要がありません。

Linyなら同じアカウントに友だち追加していても属性によって送られるメッセージを変えることができます
LinyならBOTとチャットの使い分けで迅速・丁寧な対応が可能です。

BOTをつかって
対応の負担を減らしながら
個別の内容には
チャットで丁寧に返信もできる

よくある質問や決まった内容の問い合わせにはBOTで素早く対応し、有人での対応が必要な場面ではチャットも利用しながらきめ細やかに対応することで、負担軽減と対応の満足度向上を同時に実現することができます。

イベントや説明会、面談などの
あらゆる場面に対応した予約機能

オープンキャパスや学校説明会などの大きなイベントから1to1の面談の予約まであらゆる場面で利用可能な予約機能を備えています。
もちろん、内容はLinyに記録されるので情報を配信に活用することも可能です。

個人面談の予約だけでなくイベントや説明会の予約にもLinyは役立ちます。
LINE公式アカウントで得た情報はLinyに蓄積され、いつでも確認することができます。配信に活用したり個人の状況を確認することも可能です。

アンケートの回答や
イベント参加履歴など
あらゆる情報を管理

LINEからの配信への反応や行動などの情報はすべて自動でLinyに蓄積されます。
Linyの回答フォーム機能を利用すれば、情報を簡単に取得し内容を個人に紐づけて管理が可能です。
また、イベントなどで会場等に設置したQRコードを出し分けることによって来場記録を取得したり、 特定のイベントに参加した人だけに向けたメッセージを配信することもできます。

LINE公式アカウントとの連携で幅が広がる教育現場で役立つLinyの機能

セグメントごとにメッセージ配信
Linyのセグメント配信機能
相手によって リッチメニューの出し分け
Linyのリッチメニュー出し分け機能
LINEの友だちをタグ付け
Linyの友だちのタグ付け機能
イベントや面談などの予約受付
Linyの予約機能
回答フォーム作成 googleスプレッドシートどの連携も可能
Linyの回答フォーム作成機能
どのQRコードで友だち追加したか記録 *プレミアムプランのみ利用可能
Linyの流入経路測定機能
リッチメッセージ作成
Linyのリッチメッセージ作成機能
イベント参加履歴などで
スコアリング
Linyのスコアリング機能
取得した情報のCSV出力
Linyで取得した情報はcsv出力できます

まずは気軽にご相談から

専任の担当者が現状の課題をヒアリングし、
LINE公式アカウントの効果的な使い方をご提案いたします。

導入のご相談はこちら

Linyが選ばれる理由

30を超える都府県市町村と多くの企業様に導入いただいております

  • LINE
  • LINEみらい財団
  • 経済産業省
  • 金融庁
  • 消費者庁
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 滋賀県
  • 日本骨髄バンク
  • 森永製菓株式会社
  • FUJIFILM
  • MUFG
  • LIFULL
  • 明治大学
  • DIESEL
  • 三代目鳥メロ
  • OSHAMAN'S
  • 日本数学検定協会
  • Gakken
  • ICHISHIN 市進学院
  • Cambridge Assessment English
  • 新東京歯科技工士学校
  • 東京デザイナー学院
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 東京スクール・オブ・ビジネス
  • 東京観光専門学校
  • TOKYO COOL JAPAN

ご利用いただいている
お客様からの声

学生の興味と関心に応じてセグメント配信。メールと電話だった対応をLINEで行い、 入学希望者・在校生・卒業生との距離を縮めることに成功しました。

Linyを導入し入学希望者・在校生・卒業生との距離を縮めることに成功した新東京歯科技工士学校・新東京歯科衛生士学校、事務局長の高平敦様
新東京歯科技工士学校・新東京歯科衛生士学校 学校法人東京滋慶学園
新東京歯科技工士学校・新東京歯科衛生士学校
事務局長 高平敦 様

そのほかにもこんな声をいただいています

配信後の反応がよく、 友だちがすぐにホームページを見にきてくれる
大学の広報
「LINEで気軽に聞けるのは便利」「返答が速いし、親切」というお声をいただいた
塾の職員
必要な情報を必要な人に届けることができている
専門学校の事務職員
メールより開封率が高く、相手の動きや関心もよくわかる
大学の広報

まずは気軽にご相談から

専任の担当者が現状の課題をヒアリングし、
LINE公式アカウントの効果的な使い方をご提案いたします。

導入のご相談はこちら

料金プラン

お試しで利用されたい場合
スタートプラン
¥5,000 / 月¥5,500(税込) / 月
基本機能
個別トーク
シナリオ配信
一斉配信
セグメント配信
自動応答
テンプレート機能
回答フォーム
リマインダ配信
タグ管理
データ移行
アクション管理
予約機能
*スタートプランではセグメントリッチメニューがご利用できません

教育機関におすすめはこのプランセグメントリッチメニューが使えます

ベーシックプラン
¥39,800 / 月¥43,780(税込) / 月
基本機能
個別トーク
シナリオ配信
一斉配信
セグメント配信
自動応答
テンプレート機能
回答フォーム
リマインダ配信
タグ管理
データ移行
アクション管理
予約機能
  • URLクリック測定
  • セグメントリッチメニュー
お試しで利用されたい場合
スタートプラン
¥5,000 / 月¥5,500(税込) / 月
基本機能
個別トーク
シナリオ配信
一斉配信
セグメント配信
自動応答
テンプレート機能
回答フォーム
リマインダ配信
タグ管理
データ移行
アクション管理
予約機能
*スタートプランではセグメントリッチメニューがご利用できません
分析まで力を入れたい場合
プレミアムプラン
¥69,800 / 月¥76,780(税込) / 月
基本機能
個別トーク
シナリオ配信
一斉配信
セグメント配信
自動応答
テンプレート機能
回答フォーム
リマインダ配信
タグ管理
データ移行
アクション管理
予約機能
  • URLクリック測定
  • セグメントリッチメニュー
  • スケジュール実行
  • クロス分析
  • 流入経路分析
  • スプレッドシート連携
  • アイコンスイッチ
運用に必要な費用
LinyはLINE公式アカウントに連携して使用するツールです。Linyのご利用時には、Linyのご利用料金の他に 「Liny初期費用(初回登録時のみ)」+「LINE公式アカウントご利用料金」のお支払いが発生いたします。
Linyのご利用時には、Linyのご利用料金の他に「Liny初期費用(初回登録時のみ)」+「LINE公式アカウントご利用料金」

ご利用までの流れ

オンラインで担当者と直接相談ができます。
まずはご相談から
最初は運用方法について担当者がヒアリングいたします。
下記のフォームからお問い合わせください。
ご利用申し込みがネットで簡単にできます
ご利用申し込み
Linyの運用をご希望される場合はお申し込み手続きを行います。
アカウント開設用のメールをお送りいたします。
LINE公式アカウントを取得します
LINE公式アカウント取得
Linyを利用するためのLINE公式アカウントを取得します。
LinyとLINE公式アカウントを連携します
LinyとLINE公式アカウントの設定
LinyとLINE公式アカウントの簡単なひも付け設定を行います。
担当者がサポートいたします。
設定後はすぐにLinyの運用が開始できます。
運用開始
設定後はすぐにご利用が可能です。

まずはお気軽にご相談ください

下記のフォームから相談のお申し込みができます

学校・法人名必須
ご担当者様氏名必須
役職必須
メールアドレス必須
電話番号必須
お問い合わせ内容
必須
個人情報の取り扱いについて モーダルウィンドウが開きますモーダルウィンドウが開きます
© 2022 Social Databank, Inc.