LINE公式アカウント業界別事例 LINE公式アカウント運用ノウハウ

フォーム入力率やカゴ落ち対策ができるLINEチャットボット型フォームとは?

フォーム入力率やカゴ落ち対策ができるLINEチャットボット型フォーム

セールスマネージャーLiny(リニー)に強力な新機能が実装されます。

その名も「LINEチャットボット型フォーム」です。

この機能を活用することで、

簡易的にセグメント情報を獲得できる
LINE公式アカウントに入った時点でセグメントがされる
フォーム入力率がアップする

…といったメリットがあります。

慣れ親しんだチャットインターフェイスで入力を補助

従来型のフォームだと、お客様が入力する際にちょっとした手間になってしまったり、
入力する項目がどこにあるのかわからないまま離脱してしまったり…という問題があるのですが

このLINEチャットボット型フォームを利用することで問題が解決します。

また一見すると最近注目されているWEBチャットにも似ているのですが、WEBチャットの場合だとユーザーがWEBサイトから離脱してしまうと後追いやフォローができない…という難点があります。

これに対してLinyのLINEチャットボット型フォームはLINE公式アカウントの友だちを促すため、例えWEBサイトからユーザーが離脱したとしても、ブロックされない限りはLINE公式アカウント上でのフォローアップが実現できるという大きなメリットが得られます。

LINEに友だち追加された時点で、セグメント情報が引き継がれる

ステップセグメント配信をより便利に

また入力を促しやすいだけでなく、登録前にセグメント情報を獲得することができる…というのも大きなメリットです。

通常、LINE公式アカウントの友だちになった後に、LINEのトークからアンケートを入力して頂くことで、セグメント情報を獲得するというのが一般的ですが、LINEチャットボット型フォームを利用すれば、LINE公式アカウントの友だちをする前にセグメント情報を獲得できるので、友だち追加後にセグメント情報を求める手間を省くことができます。

よく通販にあるような、お申込みフォームをLINEチャットボット型フォームに変えるだけで、入力率の向上やLINE公式アカウントの中でのステップセグメント配信をより便利にすることができます。

どこで友だち追加されたのか流入経路を分析できる

どこで友だち追加されたのか流入経路を分析

さらに、SEO経由、リスティング広告経由、SNS経由…など、どこでLINE友だち追加されたのか?などの情報も得ることができるため、細かな行動分析が可能となります。

まとめ

セールスマネージャーLinyの新機能。

「LINEチャットボット型フォーム」は夏頃の実装を予定しております。

ユーザーのコンバージョン率アップやよりユーザーに併せたパーソナルステップ配信の実現により
オートメーション化ができる機能ですのでお楽しみを!

LINE公式アカウントの運用効果を最大化する!LINE活用サポートツールLiny

Linyとは、日本全国の企業1,500社が導入している、 LINEをより活用するためのサポートツールです。

Linyサービスサイト

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
marketk

近藤 剛

WEBマーケター/マーケティングライター LINE@の機能をより便利にする、顧客管理システム「LINEセールスマネージャーリニー」の営業やマーケティング戦略を担当。企業に導入のサポートやアドバイスを行っている。 WEB販促ブログも運営中。

みんなが注目

LINE公式アカウントの解説 1

この記事ではメールよりも到達率が高く、ユーザーとコミュニケーションの取りやすい「LINE公式アカウント」について、基本的な知識から作り方、運用方法までを網羅して解説します。 LINE公式アカウントの認 ...

LINE@経由のアクセスをアナリティクスで計測する方法 2

LINE公式アカウント経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE公式アカウントを運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザー ...

セールスマネージャーLiny(リニー)代理店パートナー募集 3

LINE公式アカウントを使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募 ...

-LINE公式アカウント業界別事例, LINE公式アカウント運用ノウハウ
-,

© 2020 LINEマーケティング活用ブログ