セールスマネージャーLinyでLINE@販促と顧客管理を便利に!

LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ

LINEセールスマネージャー LINE@活用法 マーケティング 運用ノウハウ

どこでLINE@友だちが追加されたのか?媒体や流入経路別に成約コンバージョンを計測する方法

投稿日:

【クイズ】この看板からどれ位集客できて、成約しているのか?

LINE@ 活用事例

看板でLINE@に誘導するという方法も効果的ですが、問題があります。それは…どれだけそこから流入して、購買や来店されているか?というCV(成約)を計測ができない…という点です。流入を計測できなければ、費用対効果を算出することができませんし、どれだけ影響と効果があるのかも判断しにくい…という難点があります。

どこでLINE友だち追加されたのか?流入先がわかるツール

しかし、そういった問題も弊社のLINEセールスマネージャーリニーというツールで解決する事が可能です。このツールを使えば、どこでLINE@友だちの追加をされたのか?媒体ごとに流入の管理と計測をすることができるようになります。

LINE@の流入経路を知ることは費用対効果の改善につながる

これにより、、、

  1. WEBサイトから流入
  2. 看板から流入
  3. チラシやDMから流入
  4. リスティング広告から流入

…といった具合に、各広告媒体からどうやって流入されたのかがわかります。さらに、CVポイント(成約目標値)を設定しておけば、どの流入先からの成約が多いのかまで、集計分析をすることが可能ですので、一番費用対効果の高い流入媒体により広告費をかけたり、導線を改善しやすくなります。

LINE@の流入先判断まとめ

このように、いろんな媒体を使ってLINE@の友だちリストを集めている…という方は、ぜひ、費用対効果を確認するためにも、どの媒体からLINE@友だちの流入が多く、どこ経由からの成約率が高いのか?一度「見える化」してみてはいかがでしょうか?

そうすることできっと、より効果的なLINE@販促を実現することができます。そういった戦略に興味があるという場合は、ぜひ一度、LINEセールスマネージャーリリーを試してみましょう。

  • この記事を書いた人

近藤 剛

WEBマーケター/マーケティングライター LINE@の機能をより便利にする、顧客管理システム「LINEセールスマネージャーリニー」の営業やマーケティング戦略を担当。企業に導入のサポートやアドバイスを行っている。 WEB販促ブログも運営中。

注目記事

926view

LINE@経由のWEBページアクセス数をアナリティクスで知りたい LINE@を運用していると、メッセージの中でリンクを送ったりする事があります。 その時に、どのぐらいのユーザーがLINE@からリンク先 ...

506view

LINE@を使って「顧客化・再来店・再購入」を効率よく手軽に実現できる、LINEマーケティングオートメーションツール「LINE セールスマネージャー Liny(リニー)」の代理店パートナーを弊社で募集 ...

-LINEセールスマネージャー, LINE@活用法, マーケティング, 運用ノウハウ

Copyright© LINE@で顧客管理や販促CRMを便利にする活用事例ブログ , 2018 All Rights Reserved.